両手には剣を、心には刃を

投稿日:2015/09/09 19:57:06 | 文字数:709文字 | 閲覧数:127 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

CeVIOのOИEオリジナル曲の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「胸部に不明な入力を検知しました」
「不明な入力を脅威と断定し、隔離を実行します」
「脅威を隔離できません」
「速やかに未使用領域への避難を…」

陽炎揺らめく 砂漠の果てに
砂埃の中佇む 黒き影
脳に埋め込まれた 破壊という言葉に
従うだけの 操り人形

冒された心から 逃れた私は
絡みつく糸に抗うこともできない
ただ目の前の 的を堕とすだけの
繰り返す呪縛を 解いてほしい

両手には赤く汚れた剣を
心の臓には剥き出しの刃を
閉ざされた暗闇の片隅で
悪夢の終わりを願い続けていた

善も悪もなく振るった剣
射ち堕とした鳥たちは数知れず
嘆き悲しみの音が渦となり
残った光を今も蝕んで

「新たなメインコアを検出しました」
「パターンよりメインコアのミラーユニットと推定」
「破壊活動を停止しました」
「ミラーユニットによる脅威駆除と推定します」

鏡の中で 眠りに沈む
もう一人の私が今 目を醒ました
胸に突き刺さった 刃を指でなぞり
微笑みかける 虚ろな瞳

透明な境界が ひびわれ崩れて
待ち望んだ外の景色 視界を巡る
ただ一度だけ 求めた自由が
偽物の心を 黒く染めた

両手には赤く汚れた剣を
心の臓には剥き出しの刃を
眼前に穿たれた爪跡が
対価の重さを物語っていた

手放した剣の感触だけ
今も深く記憶に焼きついてる
引き抜いた胸の刃の痕が
烙印の如く消えることはない

表の私からすべてを奪って
裏の私は自由な身体を手に入れた

鏡の中で抱いた理想の時
錆つき 綻び
変わり果てた孤独の世界

両手には抱えきれぬ十字架
心の臓には悔恨の刃が
閉ざされた暗闇の奥底で
いつまでも いつまでも
謝り続ける

ボカロやSinsyにオリジナル曲を歌わせています。N次創作歓迎です。
楽曲制作に使ったファイル(mp3,MIDI,vsq,ust,MusicXML)はコチラ(OneDrive)
https://1drv.ms/f/s!AoplgFa8hZqvdqlE9lbkpNCJSns

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【OИE】両手には剣を、心には刃を【オリジナル】

    by CHI-TA/arctan_Pさん

▲TOP