送る唄

投稿日:2014/06/08 19:27:41 | 文字数:398文字 | 閲覧数:45 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

零れていった 砂たちは
今更 元に戻れないんだろう。
この流れていく 時間の狭間で
幾千の 輝きが溢れた人生。

まるで 向日葵のようだね、と
どこかの誰かが つぶやいた。

小さい頃 お母さんが
初めて 零した不安の言葉
いつもの笑顔が 泣きそうな顔に
同じ夢を抱いてた あのころ

冬に生まれ、夏に沈んだあの人を
向日葵が 見送っていた

いつしか我が儘 言うようになった私
いろんな人に 支えられ
今まで歩んでこれたこと
ようやく意味に気がついた

桜並木を 二人で歩き
大きなかき氷 分け合った
秋には紅葉 みたらし団子
雪を踏みしめ 空を見上げた

些細なことで 喧嘩もしたし
いろんなところに 旅に出た
泣いて 笑って 忙しい日々
それでも それでも
あなたが居てくれたから今 立っていられる
旅立ちの時が すぐそこに

たくさんの ありがとうと
精一杯の笑顔で あなたを今 送りたい

主に作詞しかできません(-。-;
作詞になるかも…。
ひっそりとしたいと思ってます。
アイコン用イラスト→孝さんが書いて下さりました。
ありがとうございます(^ω^)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP