wolf’s solitude

投稿日:2015/02/28 00:00:11 | 文字数:1,086文字 | 閲覧数:115 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

アン様に曲を付けて頂きました。

5年前にV系を意識して書いたものですw

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Blue moon
満月の夜が過ぎ
細く-細く-欠けてゆく
儚げに消えてゆく
星の涙

凍える孤独の宵闇が
自らの汚点を責め立てる
償うこともできずに

Grow tears
夜露に濡れている花
淡く-淡く-褪せてゆく
脆くも崩れてゆく
遠い記憶

こみ上げてくるこの感情が
静寂の中で響いてる
声は二度と届かない

*触れた指先は冷たすぎて
 温もりさえもわからない
 夜に吠えた狼の調べ
 哀しみを隠すように

Breeze green
優しい風の薫る
揺れる-揺れる-窓際の
陽光り(ひかり)に置き忘れた
最期の文字

ほんの束の間の倖せは
想い出の欠片でしかなくて
もう戻ることはなくて

 静かに眠る赤子のように
 安らぎに包まれたまま
 天(そら)に還る天使の微笑み
 強く瞳に映した

時は経ち季節は巡ってく
何度も何度も漂う
止まったままの時計が動くことはなく…

*触れた指先は冷たすぎて
 温もりさえもわからない
 夜に吠えた狼の調べ
 哀しみを隠すように

la la la ......

---------------------------------------------------------------------------------------------

ぶるーむーん
まんげつのよるがすぎ
ほそく-ほそく-かけてゆく
はかなげにきえてゆく
ほしのなみだ

こごえるこどくのよいやみが
みずからのおてんをせめたてる
つぐなうこともできずに

ぐろうてぃあーず
よつゆにぬれてるはな
あわく-あわく-あせてゆく
もろくもくずれてゆく
とおいきおく

こみあげてくるこのかんじょうが
せいじゃくのなかでひびいてる
こえはにどととどかない

*ふれたゆびさきはつめたすぎて
 ぬくもりさえもわからない
 よるにほえたおおかみのしらべ
 かなしみをかくすように

ぶりーずぐりーん
やさしいかぜのかおる
ゆれる-ゆれる-まどぎわの
ひかりにおきわすれた
さいごのもじ

ほんのつかのまのしあわせは
おもいでのかけらでしかなくて
もうもどることはなくて

 しずかにねむるあかごのように
 やすらぎにつつまれたまま
 そらにかえるてんしのほほえみ
 つよくひとみにうつした


ときはたちきせつはめぐってく
なんどもなんどもただよう
とまったままのとけいがうごくことはなく…

 
*ふれたゆびさきはつめたすぎて
 ぬくもりさえもわからない
 よるにほえたおおかみのしらべ
 かなしみをかくすように

la la la ......

はじめまして八高(やたか)さつきです。
超ド素人ですが、よろしくお願いします(*^^*)
作詞メインで頑張っていこうと思います!
アイコンはななしさんに描いて頂きました。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【KYO-ZOLAprj】wolf's solitude【オリジナル】

    by アン樣さん

▲TOP