ねこと文鳥

投稿日:2019/04/17 22:52:21 | 文字数:381文字 | 閲覧数:490 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

またいつものと笑いながら
柔らかな時をすごして欲しい
つまびくイメージに理由はないけど
何もないよりは悪くないかな

声を聞くよ たまに笑うよ    
些細な癖も見ているように
手を伸ばすよ 細く折れそうな
あなたの腕に届くように
あなたの胸に届くように

あの頃僕はいつも病んでた
シラフの日なんてさ殆ど無くてさ
誰でもいいとまでは言わないけど
それでもあなたが救いだったよ

嘘をつくし罵声を浴びせるし
酒に飲まれて暴れるし
すぐ求めるし下品に笑うし
それでも僕の側にいて
笑っちまうぜ馬鹿だよな

声を聞くよ たまに笑うよ    
些細な癖も見ているように
手を伸ばすよ 細く折れそうな
あなたの腕に届くように
あなたの胸に届くように

あれから随分時間が経ったね
僕も少しくらい変われたのかな
あなたのことは許せないけど
そんなもんだよな 仕方ないよな

常識の範囲で好き勝手に使ってもらってかまわんが、使ったらツイッターとかで教えてくれると助かるわ

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP