冬ごもり

投稿日:2021/12/06 13:03:15 | 文字数:1,295文字 | 閲覧数:69 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

鈴木テツノリ様への歌詞募集作品です。

https://piapro.jp/t/fd8C

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1
こがらしが おりてきて
さむさでからだ がちぢむ
まほうのく すりをのみ
こどもに なれたら

にぎやかな なみきみち
きらきらいるみ ねーしょん
こころに はねがはえて
ぽじてぃぶ になれる

B1
ねぇ ふわもこの へいたい
みつけて きたく
けいびを おねがいして
ゆっくり おやすみ

S1
さぁ ふわふわ ふとんのな
か ほかほか そばにいて
ね 冷たい 敵は外
地上の 天国だ

ねぇ まだまだ はなさない
で PiPiPiPI あらーむお
ん よほうは あれもよう
となりで にゃんもない
と しらんぷりめを とじる

A2
つよがりい きてるけど
ほんとはよわい いきもの
むぼうびな はださらし
うまれる だいしょう

てんねんの もうふより
はだとはだのふ れあいを
ちょいすした のかみさま
おぼえて いるのね

B2
あぁ はぐくむは はのなか
きざまれ ずっと
だれもが けいけ んする
ぬくもり かえして

S2
ねぇ ふわふわ ふとんのな
か ほかほか なつかしい
ね げんじつ とうひして
いやしを じゅうでんちゅ

う やだやだ はなさない
で PiPiPiPi しつこいお
と よちよち ふみだせば
つめたい げんじつに

C
かーてんあ かないまど
ぷれぜんとあけ るように
あけるたの しみあれば
はばたく せかい

ラスS
さぁ そろそろ じかんぎれ
に PiPiPiPi さいごのお
と むりやり おきないで
こころに はねはある

の もさもさ おもいあた
ま ぶるぶる にがてなあ
さ このまま こもらせて
きえてる にゃんもない
と おなかがすいて ないて いる

(歌詞)

A1
木枯らしが降りて来て
寒さで体が縮む
魔法の薬を飲み
子供になれたら

賑やかな並木道
キラキラ・イルミネーション
心に羽が生えて
ポジティブになれる

B1
ねぇ ふわもこの兵隊
見つけて帰宅
警備をお願いして
ゆっくり おやすみ

S1
さぁ ふわふわ 布団の中
ほかほか そばにいてね
冷たい敵は外 地上の天国だ

ねぇ まだまだ 離さないで
PiPiPiPi アラーム音
予報は荒れ模様
隣りでニャンモナイト
知らんぷり目を閉じる

A2
強がり生きてるけど 本当は弱い生き物
無防備な肌晒し 生まれる代償

天然の毛布より 肌と肌の触れ合いを
チョイスしたの?神様
覚えているのね

B2
あぁ 育む母の腹(なか)
刻まれずっと
誰もが経験する 温もり返して

S2
ねぇ ふわふわ 布団の中
ほかほか 懐かしいね
現実逃避して 癒しを充電中

やだやだ 離さないで
PiPiPiPi しつこい音
よちよち 踏み出せば
冷たい現実に

C
カーテン開かない窓
プレゼント開けるように
開ける楽しみあれば
羽ばたく世界

ラスS
さぁ そろそろ 時間切れに
PiPiPiPi 最後の音
無理やり 起きないで
心に羽はあるの

もさもさ 重い頭
ブルブル 苦手な朝
このままこもらせて
消えてるニャンモナイト
お腹が空いて鳴いている




 

ボカロの声が好き・・世界の景色にちょっとでも色をつけたい。作詞活動中。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP