六波羅神楽絵巻

投稿日:2016/04/28 19:05:10 | 文字数:426文字 | 閲覧数:36 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「ワン☆オポ!vol.08」02曲目に収録。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

不動尊よ 我に力与え給へば
いざ大蛇、酒呑童子もこの庭の碁石に変えてお見せしませう

都は地獄の如く狂乱の鬼が巣食う
秩序が業火と共に堕つのを見ているだけか

太古の巡りに倣い
我は鬼女を討つ

極彩色を浮かべた京の都に
其方の影はついぞ搔き消えた
されど胸の内、映し出したこの文が
消えぬ限り必ずや仇打ちして参る故

夢見の悪い明け方の紫の雨
露と光る曼珠沙華が燃える山道
獣の瞳
俗世を断ち山中に身委ねし老師より
授かりし兜と毒酒携えていざ行かん

「お待ちくだされ」とぽつり
言の葉ひとつ浮かぶ

咲き乱れし物の怪の宴の夜に
渇いた凌辱の風響き渡る
あなや…
さりとて引くわけには行きますまいと
毒を盃に注ぐ

其方がまだ人の子のように笑っていた頃が走馬灯のように
もう心根通わせていた二人には戻れない故…

極彩色を浮かべた京の都に
其方の影はついぞ搔き消えた
さりとて真の実を喰いつくした心を
消さぬ限り必ずや「仇打ち」して参る故

今しばし

ワンダフル☆オポチュニティ!です。


お手柔らかにお願いします。

歌ってみた報告、DL報告ありがとうございます。

●二次創作に関して
有償で頒布する場合は連絡ください。その他は事後報告でも連絡くれれば嬉しいです。

WEB→http://www.wan-opo.com/
ついったー→http://twitter.com/WAN_OPO
※連絡先はWEBの「MAIL」項からお問い合わせください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP