CIRCUS

投稿日:2010/08/03 19:58:43 | 文字数:223文字 | 閲覧数:100 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

道化師はライトに揺らめき恋をした。





前のバージョンに読みがな付きとひらがなあります。(ひらがなが一番正確です)

かぴばらさんとのコラボ用です(*´∀`*)


追記
100811 現在試行錯誤中。しばらくお待ちください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

道化師だし ジャグリング得意
いつまででも見蕩れててよ
踊り続ける 1・2・3
私の全てを 見てて 見てて
見てて

道化師だって ボールから落ちる
「愛嬌」だってキスをしてよ
笑い続けるの いつまでも
私の気持ちを 聞いて 聞いて
聞いて


客席一つ埋まるだけで
苦しくなるのはなぜかなあ
十八番の綱渡りもできなくなりそう
ふらふらと覚束ないんだ

ショーできない!

貴方の視線だけで
泣きたくなるのはなんで?

焦げ付いたハートは回せない

作曲の才は作詞の才以上に皆無なので、書いた文章に曲を付けていただけると泣いて喜びます。
気軽に話しかけてやってくださるとうれしいです。
お気軽にメッセージくださいませ。



◇◆私が関われた作品@ニコ動◇◆
http://www.nicovideo.jp/mylist/11680692

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    ※下の続きです。

    あと、文字数以外の点だと
    ・「だし」というのが、若者言葉っぽいというか個人的にあまり(歌で使うのは)余り好きじゃない。曲調が違ったり、リンちゃんだったらいいかもなんですが・・・。
    ・助詞抜けがちょっと気になる。無理矢理合わせたっぽく見えてしまう気がします。
    ・回せない、が最初何の比喩か分からなかったり・・・でも、ジャグリングのボールってこと、ですよね?


    長々と書いてしまいましたが、
    文字数は撥音にしたり音符を短くすればすればもっと増やせるし、程よく伸ばせる母音ならもっと減らせるしで、やっぱり何とも言えません;;;
    全体が裏ノリなのでリズムは非常に取り難いとは思います・・・ごめんなさい;;

    下手な説明、且つ文字ではどうしても伝え難いことなので、意味分からん、という点がありましたら聞いてください!

    2010/08/04 05:12:41 From  かぴばら

  • userIcon

    メッセージのお返し

    メッセージありがとうございます!

    言われた点、直してみようと思うのですが、よろしければもとになった詩の全体を知りたいので、教えていただけると嬉しいです。

    その方が字数は格段に合わせやすくなると思うので……。

    2010/08/04 08:02:58 ここちゅん

  • userIcon

    その他

    は、はやい!ありがとうございます!
    サーカスというのは全然イメージに無かったんですが、歌詞を読みながら聞くと急に暗い劇場みたいな雰囲気が感じられて、言葉の力は偉大ですね~。
    恋する女の子へのなぞらえ方も、綱渡りできないとか玉から落ちるとか、ピッタリですね。


    ただ、今回はどうしてもリズムを崩したくないというのがあって・・・、
    一部変更お願いしたい点を挙げますね。

    三行目から(00:47~)は文字数が
    (6か7) (7か8)
    (6か9) (3) (3)
    (5か6)
    になるようにお願いします。
    ただ、文字数を提示してみたものの文字数を揃えたからリズムに合うのか、自分でもよく分かりません・・(・_・;;)特に四、五行目が・・・。
    参考までに元になった詩を引用すると
    「銀の回転体に 全て 砕け
     変化変態」
    という部分なんですが、内容はともかくリズムの参考になればと思います。


    三段落目に関しては、嘘狐さんと私の間でメロディーの切れにズレが生じているような気がします・・・;;
    これも一応文字数を挙げると
    (10から11)※最初の伸ばしは「あ~」でも大丈夫です。※今回の歌詞だとを撥音扱いすれば合うので、やっぱり何とも言えません。
    (9から10)※こちらの伸ばしは前のメロディーの終わりの音です。
    (9から14)※(5から8)(4から6)に分割しても。
    (11から13)
     ここで少し間が空いて
    (12から17)
    ここも個人的に決め所なんですが・・・、口で言うと跳ね「ンタタタタンタンタタ ンタタタタンタン」「ンタタタタッタッタタ タタタタタタタタ」「ンタッタタッタッタタ タタタタッタ」見たいな感じなんですが、これじゃ絶対伝わらない気がしますorz
    再度元の詩を引用すると
    「地味な熱帯魚の ぼくでさえ
    (窒息気味※ちーいーそくーぎみーと伸ばしてます)」です。
    最後の同じメロディーは、次に繋がらない分一文字多いです。
    「ンタタタンタンタタ ンタータタタタタタン」
    ※引用「拒絶反応から 攻撃のそれへ」

    2010/08/04 05:11:45 From  かぴばら

▲TOP