星の繋歌 【♪つき】

投稿日:2012/10/28 23:55:16 | 文字数:652文字 | 閲覧数:247 | カテゴリ:歌詞 | 全7バージョン

ライセンス:

瀬良様の曲へよせて。
最初は「子守り唄」というイメージだったのですが
こちらでは「鎮魂歌」の意味合いを強く出してみました。

ゆったりと流れる心浄われるメロディはこちら。

http://piapro.jp/t/zzCM

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

悠久の 時を往く
銀河をたゆとう 蒼き宝石よ
玉響を繋いで奏で 
終わりなき詩を 歌っておくれ 

天上仰げば ひしめく煌星
ささめき揺らめき 夜を灯してる 
眠りゆく いとおし子に
聖らな祝福 降らせながら

雲が薄れ 氷れる夜天(そら) 
凍える世界に 流るる涙は
星の海の 滴となりて
凝った心に 光を放つ 

果てない哀しみ
降り積もる痛み
それでも 見上げた先に
星は輝く

重ねた愛 
積み 崩す 理想(ゆめ)
瞬くばかりに 時は切なく

刹那の生 永遠の眠り
流離う 御霊は 蒼き星の許
いつの日にか 時へと還り
古の詩と なりゆくだろう
遥か彼方に
生命を 繋いで 

♪♪♪

ゆうきゅうの ときをゆく
ぎんがをたゆとう あおきほうせきよ
たまゆらをつないでかなで
おわりなきうたを うたっておくれ

てんじょうあおげば ひしめくきらぼし
ささめきゆらめき よるをともしてる
ねむりゆく いとおしこに
きよらなしゅくふく ふらせながら

くもがうすれ こおれるそら
こごえるせかいに ながるるなみだは
ほしのうみの しずくとなりて
こごったこころに ひかりをはなつ

はてないかなしみ
ふりつもるいたみ
それでも みあげたさきに
ほしはかがやく

かさねたあい
つみ くずす ゆめ
またたくばかりに ときはせつなく

せつなのせい とわのねむり
さすらう みたまは あおきほしのもと
いつのひにか ときへとかえり
いにしえのうたと なりゆくだろう
はるかかなたに
いのちを つないで

はじめまして。
細々と活動しています^^

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    瀬良です。
    「星の繋歌」をニコニコ動画に投稿しました。

    【VY1/PRIMA】星の繋歌【オリジナル】
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm18130277

    ご覧いただけると幸いです。
    このたびは歌詞をご提供いただきありがとうございました。
    ご縁がありましたら、またよろしくお願いします。

    2012/06/18 19:26:16 From  瀬良

  • userIcon

    使わせてもらいました

    こんにちは 瀬良です。
    ご提供いただいた歌詞の中から、こちらを使わせていただきました。

    http://piapro.jp/t/zzCM

    つきましては、現状「無題」となっているタイトルについて調整させてください。
    よろしくお願いします。

    2012/05/13 15:41:25 From  瀬良

  • 星の繋歌

    by 遠野音さん

  • 【VY1/PRIMA】星の繋歌(つなぎうた)

    by 瀬良さん

▲TOP