葛ノ葉

投稿日:2012/08/17 13:38:19 | 文字数:1,109文字 | 閲覧数:353 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

和風歌詞のスキルアップを・・・図ろうとしたんですね。
もう白旗っす・・・(_ _;)/~~
なんでこうも「和」が上手くならないのか。日本人なのに。人生最大の謎だ。

歌詞の内容ですが・・・狐です。えぇ。
狐の嫁入りってあるじゃないですか。晴れてるのに雨っていう。アレです。
話の元は、葛の葉っていう白狐が人間と恋仲になったんですが、その人に自分が狐だとバレてしまった時に、「恋しくば尋ね来て見よ 和泉なる信太の森のうらみ葛の葉」っていう一首を残して去っていったっていう言い伝えからです。
この白狐と人間の子どもが、有名な陰陽師の安倍清明なんですね。

このように狐の伝説から引っ張ってきた歌詞です・・・。

2012年3月3日
いのんさんのアドバイスで歌詞を修正(というか付け足し)φ(..)。
そういえばひな祭りですね。なんの関係もありませんが・・・。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

[S]
いつか いつか 天気雨が
降りやんだ その時には
キミの もとへ 参りましょう
時雨れの嫁入り


[A]
朱色の番傘差して
此処で キミを待ちましょう
雨音がぽつりぽつり
そっと 胸を叩いてゆく

[B]
火影 揺れて キミを連れて
傘を 差して ココロ濡れて

そっと 仮面を取りましょう

[S]
いつか いつか 天気雨が
降りやんだ その時には
キミの もとへ 参りましょう
二人分の 和傘差して

ゆらり ゆらり 葛ノ葉乗せて
化かし騙し、涙流し
キミと 恋を したのでしょう
秘めたる愛 幸せでした


[A]
恋しくば、尋ね行こうか
うらみ 和泉の森へと
青時雨 ぽたりぽたり
そっと 頬を濡らしてゆく

[B]
イロハ 詠う キミに届け
傘を 閉じて キミを待とう

そっと 桜を愛でましょう

[S']
泣いて 泣いて 涸れるほどに
惚れて 惚れて 傷ついても

それでも 叶わぬ
玉響の愛のため


[S]
恋し キミを 愛し愛し
空は晴れて、雲は泣いて
キミに すべて 捧げましょう
嘘と言われ 隠した愛を

ゆらり ゆらり 葛ノ葉乗せて
化かし騙し、涙流し

狐は 恋を したのでしょう







~ひらがなバージョン~


[S]
いつか いつか てんきあめが
ふりやんだ そのときには
きみの もとへ まいりましょう
しぐれのよめいり


[A]
しゅいろのばんがささして
ここで きみをまちましょう
あまおとがぽつりぽつり
そっと むねをたたいてゆく

[B]
ほかげ ゆれて きみをつれて
かさを さして こころぬれて

そっと かめんをとりましょう

[S]
いつか いつか てんきあめが
ふりやんだ そのときには
キミの もとへ まいりましょう
ふたりぶんのの わがささして

ゆらり ゆらり くずのはのせて
ばかしだまし、なみだながし
きみと こいを したのでしょう
ひめたるあい しあわせでした


[A]
こいしくば、たずねいこうか
うらみ いずみのもりへと
あおしぐれ ぽたりぽたり
そっと ほおをぬらしてゆく

[B]
いろは うたう きみにとどけ
かさを とじて きみをまとう

そっと さくらをめでましょう

[S']
ないて ないて かれるほどに
ほれて ほれて きずついても

それでも かなわぬ
たまゆらのあいのため


[S]
こいし きみを あいしあいし
そらははれて、くもはないて
きみに すべて ささげましょう
うそといわれ かくしたあいを

ゆらり ゆらり くずのはのせて
ばかしだまし、なみだながし

きつねは こいを したのでしょう
 

チャイナ娘と申します。

作詞とか動画とかUTAU関係とか色々手を出してます。
広く浅く緩く活動中( ꒪⌓꒪)

一応活動報告とか用のサイトあります→http://minichina.web.fc2.com/
あまり更新してないブログもあります→http://ameblo.jp/minifull
Twitterやってます→minichina_1
作詞した作品のマイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/32212788
動画お手伝いのマイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/35075064
自作UTAU音源の配布所→http://minichina.wix.com/jyonet

アイコンは覇祐 毅さんの中華ルカを使用させていただきました!

もっと見る

作品へのコメント3

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    はじめまして、雪助と申します。
    素敵な歌詞で、最後の「狐は 恋を したのでしょう」のフレーズが自分のなかで衝撃的でした!
    もしまだ曲がついていないようでしたら、歌詞をお借りできませんでしょうか?
    残念ながら私のところにミクが居なくて、ルカ・がくぽ・いろはのいずれかになってしまいますが、もしそれでもOKでしたらぜひ曲を作らせていただきます。
    お返事お待ちしています~

    2012/08/15 21:21:13 From  雪助

  • userIcon

    ご意見・感想

    「恋しくば
    尋ね来て見よ
    和泉なる
    信太の森の
    うらみ葛の葉」
    信太森葛葉稲荷神社に伝わる、
    阿倍野清明の母君が残したという歌ですね♪

    2012/03/18 21:33:32 From  Darkshade

  • userIcon

    ご意見・感想

    どうもこんばんは、いのんです。
    推敲ありがとうございました^^早速直してみました。良ければ覗いてやって下さい。
    本当は掲示板に書きたかったのですが、他に推敲が必要な歌詞が手元に無いので(あることはありますが、こんな内容の歌詞はこんなんでいいだろうって妥協してます)ここに書かせて頂いてます。

    で、まずは感想として。
    かなり気に入りました^^リズムが分かりやすくていいです。何だか曲も想像出来ますし、それがいい曲であろうと何となく感じます。

    それとアドバイスを。
    私が感じたままだとサビが2×6小節になってます。8小節区切りが作曲しやすいそうなので、あと一行付け加えたほうがいいかもしれません。
    例えば最初のサビの「キミのもとへ参りましょう」と「キミと恋をしたのでしょう」のあとに新しいフレーズ(16字以内)を。後のやつは繰り返しでも良さそうですね。

    それから、和に関して。
    和の表現は使われていますし、確実に和風だと思いますよ。
    強いて言えば、メッセージ性で和の美徳(例えばワビサビの心とか、任侠とかw)を見せると、もっと和が引き立つのではないかと思います。
    まぁ私が言えたことではないですが……

    それでは。長文&乱文失礼しました。
    あ、そうだ。前もそうでしたが、歌詞を気に入ることが多いので、ついでにフォローしていきますね。

    2012/03/02 18:25:57 From  いのん

▲TOP