二つの岸辺

投稿日:2012/10/17 05:12:19 | 文字数:236文字 | 閲覧数:154 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

瀬良さんの曲
「PRIMAのためのヴォカリーズ」へ寄せて
http://piapro.jp/t/8Ehu

とてもロマンティックな曲です。


応募用じゃないので、自己満足の為の詞。
「ヴォカリーズ」という言葉の通り、詞はいりませんよって歌なんです。
だから、動画がでるまで瀬良さんには遠慮して報告をしなかったりします。

で、動画を見てプリマが表紙絵になっているのを見て、やった!と思ったり。

詞の内容は、プリマが恋人と分かれて大舞台へ旅立つという話なのです。
その恋人も自分が立身して成功した際には、彼女にまた会いにいくよという約束をする。そんな別れと再開の物語だったりします。

だから、動画の絵がプリマの時は大変喜びました^^。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

寄せ合う心が 暖めた月日だけ
二つの岸辺の 遠くさえも繋ぐ橋になる

別れじゃないよ
約束の花を 差し伸べてるんだ と
そう 君が言ったから 
私は立つ 舞台へゆく
そして 荒野を歩くの
旅立つの

そっと触れた指で 涙の跡ぬぐうの
約束の向こうへ 扉開(あ)くその時まで

それは遠い日のことじゃない
静かに飛ぶ
越え
より高くゆけ
より遠く 羽ばたくの

懐かしい響きは 照れた笑顔見せて
その素顔は言葉より深く
心を伝えたの

そう 二つの岸辺は繋がっている


曲先の詞などを主に書いてます。

公募への応募を中心に活動しています。
依頼の場合は3日ほど時間をもらって、受けるかどうか返事をする事にしています。
(イメージがどうしても浮かばない事が普通にあるので……m(_ _)m )
また依頼の場合でも、詞の出来が微妙だと感じられた場合は、きっちり断ってほしいと思うタイプなので、曲の事を一番に考えている人の方がやりやすいかもです。


応募した詞に関しては、その曲につかうので限り、連絡さえしていただけたら、勝手に改変していただいてかまいません(私からの返信を待たなくても大丈夫です)。改変した場合は、連絡した内容に合わせる形で、こちらも直しておきます。
これらは連絡とれなくなる場合を想定して用意した伝言みたいなもので、通常は連絡していただければ修正や調整など対応致します。

また応募中以外のまだ使われてない詞に関しては、私がフォローしている作曲者様であれば、改変を含めて自由に利用して大丈夫です。こちらも連絡だけよろしくお願いします m(_ _)m。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●オススメの作詞家さん(作曲家の方はチェックするといいかも知れないです)

・平田洋祐 さん :プロの作詞家の方です。2,3作読んだのですが、凄すぎてへこみまくったので、今は見る事もままならない感じです。なんだろう、確かにこれはお金とれるよねって思いました。詞書きで自分はへこまないぞ!って言う人は覗くといいかもしれません。

・memeさん :この方も凄いです。なんだろう、例えば平田洋祐さんは、多分、技術的に突き抜けていて、読ませる能力が凄いんだと思うのですが、memeさんは技術もあるんだけど、感性が瑞々しくて、ふわっと降りてくる感じがします。

・ZIUさん :現在ピアプロで活動されている中では一番好きな詞書きの方。少女的な感性が鋭い。少女的な詞って凄く難しいんです。行間の飛び方がぎりぎりでコントロールされてない、、あの不安定な感じ。そういう行間の飛び方ってのは、キャラクターの背景が無茶苦茶浮かび上がります。

・THERION(ソーヤ)さん :言わずもがな、ベテラン詞書きの方。ソーヤさんの詞はそこまで凄くないです、だけど沁みる、だから一番凄いと思う。曲を生かす詞を書く方。

・えぃんさん :多分、最近ピアプロに来た方だと思うのですが、リズミカルな詞がとても上手くて、そして内容が明瞭。わかりやすいって凄く大事だと思う。この人は多分詩的な表現にはそこまでこだわってない気がする。結果、弾むような詞が生まれている気がします。

・アクセラさん :アクセラさんは詩書きといった方がいいのかもしれない。ピアプロに来て初めて詩っていいなって思えたのがアクセラさんの作品。私は公募で詞とばっかり触れ合っているから、たまに覗きにいってます。詩の良さを再認識させてくる人。特にしっとりとした情景に胸を打たれます。

他にも注目している詞書きさんの詞はブックマークなどしていて、
テキストのブックマークは公開しているので、気になるかたは見てみてもいいかも。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP