永久華

投稿日:2011/05/08 02:43:57 | 文字数:323文字 | 閲覧数:23 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

友達とコラボして未完のまま放置している小説をイメージして作ったものでした。これまた数年前のサルベージ……。
読み方は「永久華(とわばな)」です。
これを投稿する暇があるなら本編を完成させろよ、と思いますが納得いく文章ってなかなか書けないですよね……。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

化野を駆けていくは
鬼と蝶 あてなき旅人
外れた道を
恐れることなく
二人でならば往けるだろう

朽ちるを知らない華は
紅の涙 落として
陽を避けては歩む

夢の終わりを信じて

十六夜晴れて 
月が覗くあの丘
闇しか見えなくて
凍えそうになっても

徒花に終わらぬよう
蜂と姫 微笑む防人
堕ちた道に
未来(あす)を見出す
守るものがあるから進む

可憐に世迷う華は
まだ青い葉を揺らして
安息を求める

夢の果てなど見ない

十六夜曇り
月が消えたあの丘
流離うだけしか
知らない華たち

いつかは知らない
どこかも知らない
二人で進むと
言葉だけが楔のように

十六夜冴える
月が唄うこの丘
舞い踊る華は
煌き咲き誇る

永久に 褪せず……

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP