流線クライズ

投稿日:2014/08/26 18:53:31 | 文字数:426文字 | 閲覧数:288 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

流線クライズ 歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

誰にも知られない 知られてはいけない
密やかに決めた 言葉の鍵を

繰り返すはずの 昨日の理由
想い出せない 明日の意味を

いつの間にこんなに離れたんだ
まるで漂流するように
逆さまに閉じて なかったかのように
振る舞う ことしか 出来なかったんだ

そして僕らがたどり着いた場所
答えを隠したあの日の君は
さよならの意味を鮮明に描いた
数センチで止まってしまった
触れないままで


少しずつぼやけ やがて忘れゆく
記憶は都合よく 改ざんされた

なにより愛しき二人の絆
もう二度と宿ることはない
宙に浮いた感情の行く先
今夜もトドメを刺せないままで

そして僕らは生まれ変わってゆく
新しいフリして産声を上げる
涙とともに流れてしまった
君への想いは何処へ
たどり着くの


幻覚 反響 ずっと
笑いあって抱きしめて

そして僕らの形はいずれ
想い出すことも出来なくなってゆく
さよならの意味は今 現実となり
染み込んだように感じて
途方に暮れる

ボカロ作品のオケなどを投稿しています。

twitter
http://twitter.com/Tomoya_PB

HP
http://www.polyphonicbranch.com/

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP