ひと夏のエゴイズム

投稿日:2013/03/23 20:42:11 | 文字数:565文字 | 閲覧数:83 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

賑わう夏のビーチ
太陽が眩しいね
去年と同じ場所のはずなんだけどなぁ
雰囲気が少し違う

ハートのあたりがちょっと
苦しくなってる オカシイ
カゲロウのようなその人混みの中で
誰より輝く君

今年の夏はマジで激アツイね
その原因は君にあるだろう
まわりの視線を奪いながらすまし顔(No!)
そんな君に焦らされながらも
足を取る砂浜も忘れて
僕のこの気持ちは一直線に
振り向きな!そこの君!

滴る汗もしょっぱい
もう君で胸いっぱい
来年のスケジュール既に埋まったよ
君とここで過ごそう

付き添いの友達には悪いけど
君にしか魅力を感じない
とぼけてるのか?君は変わらずすまし顔(No!)
違う君を演じていたって
海辺の波を味方につけて
華奢なその背中へ一直線に
声かける!そこの君!

今年の夏はマジでアツイよ
君のおかげでコンガリするよ
日焼け止めバッチリ塗りながらすまし顔(No!)
そんな君に焦らされながらも
足を取る砂浜も忘れて
僕のこの気持ちは一直線に(Ah~)

水平線に夕陽消えても
恋の炎は消せないものさ
僕は君だけロックオンして さぁ行け!
せめてこっちを振り向いて欲しいから
じっと待ってなんていられない
華奢なその背中へ一直線に
眩しいよ ヘイ!ガール

AH~特別な
ひと夏のエゴイズム
LaLaLa………

無能ですが作詞してます。最近行き詰ってます(笑)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP