「氷の華」

投稿日:2016/12/02 20:00:42 | 文字数:477文字 | 閲覧数:284 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

フィギュアスケートの舞台に立つ限られた人たちのプレッシャーと開放感を書いてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1
小さい頃の夢 リンク見ながら
いま手に届く
大観衆の前 ドキドキするよ
ココロが張り裂ける
B1
目に見えない重圧から
逃れたいと弱気になるけれど
この壁を 乗り越えないと
夢なんか叶わない
S1
氷の華を咲かせたいから
努力してきた日々を
いま思い出し 自分の力に
変えて 華を咲かせる
前だけを見てた

A2
静寂な空気に 身を任せていた
視線感じて
メロディが鳴り響く 演技に集中
綺麗にまとめたい
B2
思いとはかけ離れて
力を出せない自分がいる
焦りだけが悪戯に
身体ごと縛られて
S2
こんな時あの人を思い出せ
蝶の様に舞う姿を
どんな苦しくても笑顔見せ
決して諦めなかった
もう一度跳ぶわ

C
過ぎた演技は戻せないけど
残りの華を咲かせるかは自分次第だから・・

(間奏)

ラスS
氷の華を咲かせたいから
努力してきた日々を
無我の境地にココロ押し上げる
初めて見る景色に
聖域(ゾーン)の扉開け

氷の華が咲き終わるころ
額(ひたい)から汗が落ち
目の前に浮かぶ花束見つめ
皆が私を讃える
勝者への舞を・・

ニコニコ マイリスです➡️http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/48286587
ついったー @Katm18M
私は作詞のみですが、楽曲を提供およびコラボしてくれる方がいればメール下さい。「曲募集」にまとめています。
ヲタ乙さんのCD制作に、歌詞を書かせていただきました。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP