醒メヌ夜

投稿日:2009/10/17 10:37:43 | 文字数:435文字 | 閲覧数:14 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

『嘘』から始まったすれ違いと終焉を男性目線で書いてみました。
女性の嘘は責め切れなかったりすることがあるように思います。
優しさからだったりするものもありますからね。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

赦されるための拙い嘘など
すぐ灰になるのにね

どうして君は気づけなかったの?

君に告げなかった言葉で苦しむのなら

それが僕の過ごした暗闇の記憶なんだ

最後に残るのは虚ろだと
僕は最初からわかってたよ

鞄と一緒のコンビニ袋
一人今日も家路を辿る
見上げた空に佇む夜は
ただただ蒼く広がっていたんだ



時間が本当に心を癒せるのなら
すぐ忘られればいいのに

どうして僕は立ち止まったまま?

君が残した傷跡はふとした時にぶり返す

それは僕の犯した過ちの記憶なんだ

最後に切るカードはいつも
僕は最初から持っていたよ

イヤホン着けて本持って
一人今日も電車に揺られ
見やった外に映る景色は
いつもと変わらず流れていったんだ



この呪縛からは
いったい何時解き放たれるのだろう



愛した記憶離れた痛み
独り今日も仕事に溺れ
それでいいんだと零れた言葉は
ただただ細く消えていったんだ

きっと外の空に佇む夜は
ただただ蒼く広がっているんだろうな……

Kou.と申します。
ときどき歌詞や二次創作を書いたりしています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP