SNOW NOTE ユキノオト

投稿日:2019/04/19 11:23:26 | サイズ:7813x5469px(6,908KB) | 閲覧数:181 | カテゴリ:クリプトン公式

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

とある雪の街。古びたピアノの精霊ミクは、ユキネ先生と共に年に一度行われるコンサートの為の曲作りをしています。

「ミクちゃん。ちょっとドミソが足りないね」
ユキネ先生は、レードルの様なステッキを使って音を味見します。
「う~ん、素敵な曲がなかなか出来ないよ・・・」
ミクとユキネ先生は、ため息をつきました。

窓の外を眺めると、ふわふわとした雪が降ってきました。
「ユキネ先生、雪って―――まるで音符の様だね」
「それだよミクちゃん!」

それは2人にとって、空からの贈り物だったのかもしれません。
ミクとユキネ先生は、ゆっくり落ちてくる雪をメロディーにして
歌い始めるのです。

とある雪の街。

ピアノの精霊が歌う
SNOW NOTE―――ユキノオト

――――――――――――――――――
今作のミクちゃんはピアノの精霊。
おさげの髪と丸メガネ、ピアノをあしらったスカートがチャームポイント。
ピアノ教室に通っている、ちょっと真面目な女の子をイメージしています。

ユキネはミクにアドバイスする不思議な存在です。
ちなみにヒゲは付け髭。
持っているステッキは音を味見できる優れもの。

雪の街のコンサートを成功させる為にミクとユキネは
今夜も歌います。

SNOW NOTE ユキノオト

一年がかりで何とか作曲の真似事ができるようになりました。
でも、まだまだ怪しいメロディばかりしかつくれません(w。
もっと勉強して今後もがんばります。

鏡音とメイコさんの曲を中心に制作。
たまにイラストと歌詞を投稿。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/38

  • いつも

    by とるらさん

  • オリジナル曲イメージカット(すき≠やりたい)

    by みづき さとしさん

  • 偶にはシリアスは如何です?10

    by 猫威さん

  • 2020雪ミク&ホルン

    by メープルさん

  • GALAXY

    by 119さん

  • winter party!

    by noncomさん

  • 「お待たせ~」(FullVer.)

    by AeroFangさん

  • ミク

    by nezukiさん

  • ハッピーハロウィン!!2020

    by もえぎさん

  • ~snow miku 2019~

    by - L F -さん

もっと見る

▲TOP