kanpyoさん

kanpyoさん

kanpyo

http://ameblo.jp/kan-pyo/ こっそりとブログ

一年がかりで何とか作曲の真似事ができるようになりました。
でも、まだまだ怪しいメロディばかりしかつくれません(w。
もっと勉強して今後もがんばります。

鏡音とメイコさんの曲を中心に制作。
たまにイラストと歌詞を投稿。




もっと見る

依頼受付中

(メッセージはありません)

最終更新日時:2018/01/13 20:08:01

ピアプロバッジ

フォロー(26)

  • いもうと
  • 橘光
  • 悠樹P
  • まくろ---元krono
  • 湾/WAN
  • 佳子
  • ビタミンな兄貴
  • シュカ
  • あんだーばーあきら。
  • とうの。
  • 美里
  • ねむりあ

フォロワー(28)

  • 悠樹P
  • 橘光
  • U・N・オーエン
  • まくろ---元krono
  • 湾/WAN
  • ビタミンな兄貴
  • シュカ
  • 出来立てオスカル
  • あんだーばーあきら。
  • アッツ
  • とうの。
  • 美里

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

VM-1 緊急ミーティング③

 VM-1 緊急ミーティングの巻その③   登場人物紹介 初音ミク: 言わずと知れたボカロクィーン。漫才コンビ『ねぎめしMサイズ』ではツッコミ担当。お胸のサイズを相方によくいじられる。 米山マイ: まだマイナーだけど頑張るUTAU。『ねぎめしMサイズ』ではボケを担当。しかしあまりに無邪気で粘質なボケは時に、ミクを台本通りにしゃべらせない食わせ者。前回のミーティングではパンツ設定で関係者たちを大いに騒がせた。 アッツ: 企画、台本担当。鉄道と世界平和を愛する良識人。キャラ付けのため語尾に「しゅぽっぽ」と言う。 やむ: イラスト担当。根が真面目すぎて、漫才の台本よりボケてしまう事もあり、かんぴょによくセクハラされる。 かんぴょ: 動画編集担当。女性陣にセクハラを常に考えている変態紳士。 ミク 「いやーどうも。初音ミクです」 マイ 「こんにちはー。米山~米山マイです」 ミク 「はぁ~い、前回同様、裏方のお三方も来ております。ささ、挨拶!」 アッツ「……ども、しゅぽぽ」 やむ 「……おひさし―――ぶりです」 かんぴ「……あ、ああ。おひさしぶりです……ね」 一同 「…………しーん」 ミク 「ちょ、ちょっとなんなの!? 久しぶりに皆、集まったのにこのよそよそしさはさ~~~っ‼」 マイ 「なんか……雰囲気、重いんですけど~?」 アッツ「ヴォ~イ、ヴォイヴォイっ‼(泣」 ミク 「突然何っ? ―――うわぁ、大人の男が気持ち悪い泣き方してるし……」 マイ 「どうしたの? アッツお兄ちゃん。 キモイよ?」 アッツ「だって! 私のせいで……VM-1、入賞できなかったんだっ!! しゅぽぽっ」 かんぴ「そうだ! あんたが、台本を下ネタで勝負すれば良かったんだ!! そうすれば、俺達は今頃VM-1覇者に……」 やむ 「いやっ! エッチな事、私は反対よっ! エッチ・スケベ・マイペット!!」 ミク 「あ―――そういう事ね。この変な雰囲気は……」 マイ 「みんなの心がバラバラになっちゃった!?」 ミク 「仕方ないな~。じゃあ、とりあえず反省会やっとくかね」 一同 うなずく。 ミク 「 第一回、ねぎめしMサイズ、大反省会はじめるよっ☆」 マイ 「いぇ~~い! パチパチパチ」 ミク 「まずは、ゴソゴソ。これボツの台本……かんぴょ?」 かんぴ「は、はい?」びくっ‼ ミク 「あなた……アッツ兄さんに台本について、メール送っているわね」 かんぴ「そ、そうだっけ……かな?」ガクガクブルブル マイ 「どれどれ……下ネタ案、【ご注文は ウナギ ですか?】なにこれ?」 かんぴ「あわわっ……」 マイ 「私のパンツの中がぴょんぴょんするんじゃぁ~~って、ドユコト?」 やむ 「いやぁ~! かんぴょさんのドエッチ~~~!!!」 ミク 「……私もね、色々と汚れ仕事させられているけど……こりゃアカン。炎上案件になりかねんな。ごちうさ難民、怒るとコワいし……」 かんぴ「すんまへんっ! えろーすんまへん!! 出来心でしたっ!」 アッツ「そうだ! かんぴょ氏が私を下ネタでたき付けて、台本をめちゃくちゃにしたんだぁ~~~しゅぽぽぽぽっ!!」 ミク 「アッツ兄さん、……あんたも下ネタ書いてるようだが【サザエさん、次週予告・フネ波に乗る】……これはずいぶんと練られた下ネタ。あんたも同罪だっ!」 アッツ「どわ~~っ‼ やぶへび! しゅぽぽぽ~~んっ!!」 やむ 「みんな……エッチよ! ふ・け・つぅ~~~!!」 マイ 「――それは違うよ、やむお姉ちゃん」 やむ 「え?」 マイ 「かんぴょおじさんとアッツお兄さんは、手段はエッチだったけど、VM-1という舞台に爪痕を残したかったの……本当にやったら私たちが傷モノになったかもしれないけれど」 やむ 「そ、そうね……私、真面目すぎたかもしれない……」 マイ 「やむお姉ちゃん……」 やむ 「だから……私これから……頑張ってエッチ・スケベ・マイペットな女子になるっ!!」 ミク 「アレェー?? なんでそうなっちゃうのー!!」 ちゃんちゃん♪ やむ 「あれ? 今回は私がオチなんですかww」 アッツ「あはは、こんなオチ。しょうもないですなぁ、しゅぽぽ」 かんぴ「まあ、騒がしいのが我々らしさですからww」 やむ 「今後はどうするのですか?」 アッツ「運営さんから正式に発表があればVM-1に、ソロで参加を考えてます」 かんぴ「それは、応援しますよ! ねえやむさん」 やむ 「もちろん! そして……」 ミク・マイ 「また、いつか私たちも、漫才したいよ!」 アッツ「ええ、また時期が来たら、みんなと一緒に、しゅぽっぽ!」 VM-1グランプリ参戦記録  2012 参戦表明   http://www.nicovideo.jp/watch/sm18707959 2012 1回目の参戦 http://www.nicovideo.jp/watch/sm19596860 2013 2回目の参戦 http://www.nicovideo.jp/watch/sm22457773 2014 3回目の参戦 http://www.nicovideo.jp/watch/sm25123690 2015 4回目の参戦 http://www.nicovideo.jp/watch/sm27738405 2016 5回目の参戦 http://www.nicovideo.jp/watch/sm30165557 2017 6回目の参戦 http://www.nicovideo.jp/watch/sm32347873

俺たちの戦いは終わった……?
果たしてこれは本当に「俺たた」なのか!?

関係者の皆さんをイジりました。ごめんなさい!
投稿日時 : 2018/06/06 20:19

最近の投稿作品 (60)

▲TOP