kanpyoさん

一年がかりで何とか作曲の真似事ができるようになりました。

kanpyoさん

kanpyoさん

kanpyo

一年がかりで何とか作曲の真似事ができるようになりました。
でも、まだまだ怪しいメロディばかりしかつくれません(w。
もっと勉強して今後もがんばります。

鏡音とメイコさんの曲を中心に制作。
たまにイラストと歌詞を投稿。

もっと見る

依頼受付中

(メッセージはありません)

最終更新日時:2018/01/13 20:08:01

ピアプロバッジ

フォロー(26)

  • 砂糖黍
  • 橘光
  • 悠樹P
  • まくろ---元krono
  • 湾/WAN
  • 佳子
  • ビタミンな兄貴
  • シュカ
  • あんだーばーあきら。
  • とうの。
  • 美里
  • ねむりあ

フォロワー(29)

  • 砂糖黍
  • 悠樹P
  • 橘光
  • U・N・オーエン
  • まくろ---元krono
  • 湾/WAN
  • ビタミンな兄貴
  • シュカ
  • 出来立てオスカル
  • あんだーばーあきら。
  • アッツ
  • とうの。

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

とある雪の街。古びたピアノの精霊ミクは、ユキネ先生と共に年に一度行われるコンサートの為の曲作りをしています。

「ミクちゃん。ちょっとドミソが足りないね」
ユキネ先生は、レードルの様なステッキを使って音を味見します。
「う~ん、素敵な曲がなかなか出来ないよ・・・」
ミクとユキネ先生は、ため息をつきました。

窓の外を眺めると、ふわふわとした雪が降ってきました。
「ユキネ先生、雪って―――まるで音符の様だね」
「それだよミクちゃん!」

それは2人にとって、空からの贈り物だったのかもしれません。
ミクとユキネ先生は、ゆっくり落ちてくる雪をメロディーにして
歌い始めるのです。

とある雪の街。

ピアノの精霊が歌う
SNOW NOTE―――ユキノオト

――――――――――――――――――
今作のミクちゃんはピアノの精霊。
おさげの髪と丸メガネ、ピアノをあしらったスカートがチャームポイント。
ピアノ教室に通っている、ちょっと真面目な女の子をイメージしています。

ユキネはミクにアドバイスする不思議な存在です。
ちなみにヒゲは付け髭。
持っているステッキは音を味見できる優れもの。

雪の街のコンサートを成功させる為にミクとユキネは
今夜も歌います。

もっとみる

投稿日時 : 2019/04/19 11:23
▲TOP