春、満開、桜に死す ※ややダーク注意

投稿日:2008/03/25 01:16:32 | 文字数:372文字 | 閲覧数:215 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

桜の季節。
梶井さんの小説(散文詩?)を下敷きにしています。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

奈落の夜に零したナミダ
これが最後の美しさと知っていた
あなたに見せる私の綺麗は
何も残っていない

月の光 刃物の冷たさが愛おしい
あなたは私が怖いのでしょう

刹那の命に焦がれては 眺めて
美しさを悟っている
夥しい死屍 薄い羽が散る
恍惚に花が咲く


すくう手のひらを落ちるシズク
それが虚飾の惨劇を生んでしまう
あなたの吐息 私の贖罪
めぐる 輪廻と共に

春の夜風 頬の柔らかさが囁いた
あなたは私が欲しいのでしょう

永遠を語る 偽りが透けている
さようならも言えぬ脆さ
美しい生は 醜い死を呼ぶ
止まらない花が散る


満開の桜の樹の下で夢を見る
あなたは私を殺したでしょう

あなたが

そんなに信じて かたくなに信じて
私はまだ 桜の下
朧月の春 満開の季節
恍惚に花が咲く
止まらない花が散る
終わらない花が また・・・

歌詞を書いています。文章屋です。

音楽系趣味は某音ゲー(太鼓じゃない奴)の影響が強いです。
レンの姫歌に惚れて入会しました。

詩しか書けませんが、なんにでも使って頂けると幸いです。
手書き以外の文書には一切絵文字、顔文字、アスキー文字(?)を使わない、
という信条を持っているので、多少コメントがそっけなく感じられるかも知れませんが、
愛情たっぷりです。よろしくお願いします。

名前は、「七瀬」が本当ですが、既に別の七瀬さんが入会されていたため、
アンダーバーを挟んでいます。どちらを使ってくださっても結構です。

ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/mylist/8622943

実谷ななさんのCDに参加させていただきました
http://pigxie.com/mitani_nana.html

もっと見る

作品へのコメント5

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    お世話になっております。笑

    感想ありがとうございます、実は高校の授業で自分が書いた
    解釈を読んで書きました。なので大当たりです。

    私もvalbioneさんの美麗な絵が大好きです。
    ぜひイラスト、楽しみにしております・・!

    2008/03/31 00:35:58 From  七-瀬

  • userIcon

    ご意見・感想

    ありがとうございます。
    美しく明るい桜の詩は、他の方がたくさん書いてらっしゃるので、
    毛色の違う所を目指しました。

    安吾もいいですよね。
    たしか、梶井の「桜の樹の下には」とどちらが先だったか
    忘れてしまいましたが、「桜」「狂気」というキーワードは
    似通っているので、そちらもぜひどうぞ。

    2008/03/30 00:15:44 From  七-瀬

  • userIcon

    ご意見・感想

    はじめまして。

    昭和の文豪、坂口安吾の小説
    「桜の森の満開の下」をなんとなく連想しました。
    美しい桜の木の下には死体が
    埋められてるなんて俗に言いますが、
    桜の花を「美しい」というだけじゃなくて
    「死」や「狂気」のようなダークな解釈を
    するってのは、なんかカッコいいなぁ。

    2008/03/29 22:14:30 From  nefty

  • userIcon

    ご意見・感想

    感想ありがとうございます。
    ダークになりすぎていないか心配だったので、
    澄んだ美しさと言っていただけて、嬉しいです。
    また、本当は原作を隣に置いて唸りながら書いたのですが、
    コメントを読んで、この詩の別の見方に気付かされました。

    2008/03/26 00:46:57 From  七-瀬

もっとみる(5)
▲TOP