君のいない冬に

投稿日:2015/01/06 22:52:56 | 文字数:933文字 | 閲覧数:73 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://piapro.jp/t/uEFa# こちらの作品に応募させていただきます!ヘタレで一途な男性が、少しの間付き合ってたけど別の人と結婚して遠くに行ってしまった姉御肌の女性を想ってる感じの歌詞です。
歌詞改変等承ります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A)凍えた街を眺めて 白いため息をついた 隣に君がいないと 冬は こんなに寂しいんだね
未来に期待をこめて 涙を決して 見せずに 笑った 君は強くて だけど少しずるくて
B)僕は ずっと 待つよ
君は きっと 知らない
もう帰っては来なくても 待っててあげるよ
S)遠い空の下 君は 何を思い 何を見てるの?
この広すぎる世界で 僕はひとり ただ歌を紡ぐ

A)何度も思い出してた 君の笑顔と口癖 「泣くな」と 弱虫だった 僕を いつでも叱っていたね
誰より側にいたのに 誰より分かってたのに それでも君の心に 僕はいられなかった
B)ならば いっそ 消して
だけど一層 深く
この初恋を諦める 勇気もなくてさ
S)あれからいくつも冬を 越えたけれど 君はいなくて
このからっぽな世界で 僕はひとり ただ空を仰ぐ

S)君が僕の手を離し 背中向けた あの日からずっと
遥か空の下 いつも願ってるよ 君の幸せ
この広すぎる世界で 僕はひとり 涙を堪える


A)こごえたまちをながめて しろいためいきをついた となりにきみがいないと ふゆはこんなにさみしいんだね
みらいにきたいをこめて なみだをけしてみせずに わらった きみはつよくて だけどすこしずるくて
B)ぼくは ずっと まつよ
きみは きっと しらない
もう かえってはこなくても まっててあげるよ
S)とおいそらのした きみは なにをおもい なにをみてるの?
このひろすぎるせかいで ぼくはひとり ただうたをつむぐ

A)なんどもおもいだしてた きみのえがおとくちぐせ 「なくな」とよわむしだった ぼくを いつでもしかっていたね
だれよりそばにいたのに だれよりわかってたのに それでもきみのこころに ぼくはいられなかった
B)ならば いっそ けして
だけどいっそう ふかく
このはつこいをあきらめる ゆうきもなくてさ
S)あれからいくつもふゆを こえたけれど きみはいなくて
このからっぽなせかいで ぼくはひとり ただそらをあおぐ

S)きみがぼくのてをはなし せなかむけた あのひからずっと
はるかそらのした いつも ねがってるよ きみのしあわせ
このひろすぎるせかいで ぼくはひとり なみだをこらえる

作詞メインで活動します!たまに絵を描きます!

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    遊真様

    こんにちはintermusicです。
    この度は歌詞のご応募ありがとうございました。
    大変申し訳ございませんが、今回は応募多数ございまして
    他の方の歌詞を採用させていただく運びとなりました。

    よろしければ曲も完成しましたので
    ご視聴いただけますと幸いです。

    http://piapro.jp/t/uEFa

    また、機会がございましたらよろしくお願いいたします。
    重ねてお礼を申し上げます。

    2015/01/11 18:34:02 From  intermusic

  • userIcon

    ご意見・感想

    遊真様

    こんにちはintermusicと申します。
    この度は歌詞のご応募ありがとうございました。
    情景が思い浮かぶ素敵な歌詞ですね。
    本日締め切りですので近日中に選考の結果を
    ご連絡させていただきます。
    よろしくお願いいたします。

    2015/01/10 11:01:38 From  intermusic

▲TOP