黄昏も寝静まるころに

投稿日:2017/04/30 21:36:51 | 文字数:1,263文字 | 閲覧数:96 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

亡くなった最愛の人が夢に出て来る女の子のお話。
現実にはいない、夢でしか逢えないもどかしさ。


タイトルは思いつかなかったので仮です。
このままでも新しく考えてくださっても大丈夫です。
その他修正、書き直しなども受け付けます!


※第三者は使わないでください

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【A】
カーテンの隙間から落ちた光で目を覚ます
花に愛でられたはずの あなたがそのとき消えた
もう逢えないと頭でわかっても 心がわかることはない

【B】
木枯らしが泣いて にわか雨が哂う
泡になって消えてしまったあなたに
心を隠して 言えなかった言葉
それでも私は今もあなたのことが

【S】
果てしない夢でなら あなたに逢えるのに
黄昏も寝静まるころに 遠くから線路をすべる音がする
朝 目が覚めたならば 心が錆ついた
あなたには聞こえない音も あなたには見えない色も あなたには

【A】
初めて出会ったことも どうも気が合ったことも
あなたの身に遭ったことも 夢のなかで逢ったことも
もう戻れないと頭でわかっても 心がわかることはない

【B】
声が枯れたのに 涙も枯れたのに
面影をちらつかせているあなたは
溶けない氷は 炎に包まれた
それでも私は今もあなたのことが

【S】
果てしない夢でなら あなたに逢えるのに
黄昏も寝静まるころに 遠くから線路をすべる音がする
朝 目が覚めたならば 心が錆ついた
あなたには聞こえない音も あなたには見えない色も あなたには

【S】
明けない夢はないと あなたがかすんでく
暁も目覚めるころに 近くから小鳥が鳴いた音がした
また今夜もあなたと 逢えると信じてる
あなたには言えなかったこと ありがとうとさようならと 大好きだ


↓ひらがな↓

【A】
かーてんのすきまからおちたひかりでめをさます
はなにめでられたはずの あなたがそのとききえた
もうあえないとあたまでわかっても こころがわかることはない

【B】
こがらしがないて にわかあめがわらう
あわになってきえてしまったあなたに
こころをかくして いえなかったことば
それでもわたしはいまもあなたのことが

【S】
はてしないゆめでなら あなたにあえるのに
たそがれもねしずまるころに とおくからせんろをすべるおとがする
あさ めがさめたならば こころがさびついた
あなたにはきこえないおとも あなたにはみえないいろも あなたには

【A】
はじめてであったことも どうもきがあったことも
あなたのみにあったことも ゆめのなかであったことも
もうもどれないとあたまでわかっても こころがわかることはない

【B】
こえがかれたのに なみだもかれたのに
おもかげをちらつかせているあなたは
とけないこおりは ほのおにつつまれた
それでもわたしはいまもあなたのことが

【S】
はてしないゆめでなら あなたにあえるのに
たそがれもねしずまるころに とおくからせんろをすべるおとがする
あさ めがさめたならば こころがさびついた
あなたにはきこえないおとも あなたにはみえないいろも あなたには

【S】
あけないゆめはないと あなたがかすんでく
あかつきもめざめるころに ちかくからことりがないたおとがした
またこんやもあなたと あえるとしんじてる
あなたにはいえなかったこと ありがとうとさようならと だいすきだ

作詞してます。
作詞依頼は受付中ですので、ご相談ください。
アイコン:昼野いす*。さん

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP