首筋にキス

投稿日:2020/02/10 09:58:17 | 文字数:290文字 | 閲覧数:16 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『首筋にキス』

思わず抱きしめた 約束を守れなかった
君の腰に回した腕 離せない
チラつく街灯 

高鳴る心臓の音 僕の思考が止まる
どうしたら良いんだろう?
どうする気なんだろう?
あの時の記憶がよみがえる
2度目の悲しい結末は寂し過ぎる

君の両肘 押し返す力ゆるんで
君の唇が歪む 見つめ合い
消えた街灯

夜の雰囲気のせい 気の迷いだなんて
言い訳をまた考えるのか?
自虐で誤魔化すのか?
同じ過ちはもうしない
悲しい結末も来させやしない


※戸惑う君 つま先立ち 
逃がさない 逃げない
二人の気持ちが絡み合い
首筋にキス 
漏れる吐息が うなじを撫でた
※繰り返し

関西アラフィフス・エレメント親父。暇潰しも兼ねて作詞をしております。夢は印税暮らしです。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP