フューネラル 歌詞(一番のみ)

投稿日:2019/09/04 11:01:30 | 文字数:184文字 | 閲覧数:10 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

お葬式の夢、みたいな。
悪夢をみたニンゲンの話、というか歌詞です。

まだ一番だけですが、曲をつけてくれるヒトを募集しております。

よろしければ。


(できれば花ちゃんで作って欲しいナァ………チラッチラッ)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

そんな


眠たい眠たい戯言を 今際の際に云うのなら
君とは趣味が合わないね 笑って言った。
冷たい冷たい肌色と 体温にすがる指先を
実にそっけなく突き放し さようなら。


そんな 夢を見たんだ_____


嗚呼
朝日に照らされて そのあたたかい横顔
瞼の開く瞬間を ひたすらに待っている
あり得ない事だろう 否定も出来なくて
ただ凍えた身体を____丸めていた。

時々歌詞を投下したりします。よろしくおねがいします。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP