ラストバレット。3-8

投稿日:2014/08/14 02:02:05 | 文字数:3,361文字 | 閲覧数:34 | カテゴリ:小説

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「グミちゃん……」
「か、海人!!」

そうだ、それよりも今は海人を助けなくては。
私は彼のもとに駆け寄る。

「……っ」

近くで見ると、思わず目を覆ってしまいそうな光景だった。
全身に刺し傷と切り傷が残ったその姿。しかも傷口から出る血は止まらずに、今もなおあふれ続けている。
おまけに胸には先ほどのスローイングナイフが深く突き刺さっていて、痛々しい。

「大丈夫、すぐに助けるから!」
「グミちゃん……?なあ、グミちゃん?」
「なに?すぐ止血して、病院に――」
「グミちゃん、おーい、グミちゃーん……」
「……海人?」
「なぁ、いないのか、い……?」
「――!」

背中に寒気が走った。
声をかけたのに、海人は依然として気が付いていない。
それが意味するのは……。

「聞こえ、ないの……?」
「グミちゃん、もうそこにいないのかい?あはは……参ったなぁ」

いるよ、私はちゃんとここに!

目はちゃんと開けているから、見えるはずなのに。
さっきの光でやられてしまったのだろうか、あるいは失血しすぎてもう意識が朦朧としてしまっているのか。
どっちにしても、もう海人は私のことを認識できなくなっている。
それがたまらなく悲しくて、私は思わず膝をつく。
涙がこみあげてきているのがわかった。

「くっ……」

いけない、泣いている場合なんかじゃない。彼を助けなければいけないんだから。
私は縛り付けられた彼の縄をほどこうとする。

「固い……っ!」

どうやって縛っているのだろうかわからないが、やたらとその縄は固かった。
躍起になって力を込めるものの、縄は焦れば焦る程解くことができない。

「ねぇ、グミちゃん。俺、グミちゃんと出会えてよかったよ」
「……え?」

もう目も耳も聞こえないはずなのに、海人は私に語り掛けるようにしゃべりだす。
思わず縄をほどく手を止めてしまった。

「グミちゃんがさ……、まさか殺し屋だったなんて、正直…俺、実感がわかない、よ」

優しい声が、直接その耳に響く。どうやら私の正体はもうばれていた。

「びっくりしたなぁ、もう。人殺しだった……ってのは捨て置けないけど……、それでも、俺は……グミちゃんのことが好きなんだ」
「そんなの、見てればわかるよっ……!」
「初めてあったのは……コーヒーの店だった、よな……。グミちゃん可愛いのに、すげー悲しそうな顔しててさ……母さんでもあんな顔、しなかった、ぞ。一目で、わかったよ。何かを思いつめてるんだって……。だから……なのかな、俺が君に声をかけたのは……少しでも、君の救いになりたかったから」

そんな理由で、近寄ってきたんだ……。私に話しかけてくれたんだ。
私のようなつまらない人間、無視してもよかったのに。
むしろ無視したほうがよかったんだ。海人は知らぬ間に、自ら火中に飛び込んでしまったんだ。

「君みたいな女の子は……もっと前を向いて生きていてほしかったから……」
「あぁもう……、こんな時までキザったらしいんだから……!今はしゃべらないで、後でいくらでも聞くから!縄、ほどくからね!」

だがやはり私の声は彼に届いていないのだろう。そのまましゃべり続けようとする。
そこで海人は、突然せき込んだ。

「海人!?」
「はぁっ……こんなんじゃ、もう無理だなぁ……君のそば、に……居ることは」
「無理じゃない!!だから……だから、今は何も言わないでっ!!」
「意識保ってるだけでも……辛いんだ。全身が痛くて、苦しくて……。中途半端に生き残……るって本当に、嫌だ、な」

呼吸さえもままならない、彼の体。
普通なら喋ることすらもうできないだろうに、彼はしゃべり続けているのだ。

「グミちゃん、もし、そこにいるのなら……俺を……殺し、てくれ……楽に、させ、て」

言葉を途切れさせながらも海人は請願する。

「そんなの……」

絶対に駄目だ!と断言するつもりで言ったのに、それができない。
彼のその姿が、あまりにも痛々しくて、本当に苦しそうだったから。

「たのむ、から…。俺は、もう、助からない。この様なら、一目でわかる、だろう……?」
「やってみなきゃ、わかんない……じゃない……」

尻すぼみに消えていく言葉。
気付いてしまったのだ。ここからもし抜け出だせたとしても、彼はもう……きっと助からないと。
海人の体を見れば、そんなの子供でもわかる。

「こんな苦しさが、続くのなら、俺はもう……楽に、なりたい」

荒い息がその苦しさを物語っている。

「そりゃ、私だって苦しい思いさせたくないけどっ……!!殺すのはもっと嫌だよっ!!」

私は、今まで幾人の人間を殺してきたんだろう。もう覚えていない。
今更一人の人間を殺すことなんて、造作も抵抗もないはずだ。
でも、海人だけは……海人だけは殺したくないっ!!

彼は、初めて私を認めてくれた人なのだから。
戸籍がなくて、私がたとえこの世に存在しない人間だとしても、彼は私のことを認めると言ってくれた。
それがどんなに嬉しかったか。どんなに救われたか。

「はぁ……いてぇ。たの、むよ……殺して、くれ……いてぇよ……」
「嫌だよ……けど」

そこで、私はふと考えを止める。
彼はどのみち助からない。それなら、すぐにでも苦しみを取り除いてやるべきではないのか。
私にできることはもう、それくらいしかないのではないか。

「…わかった。すぐ、楽にさせてあげるから」

転がったリボルバーを手に取る。弾の数を確認すると、六発すべて装填されていた。
これで、海人を殺すのだ。
私は人を殺す術は知っていても、人を助ける術は知らない。
だから、私は私なりのやり方で彼を救いたい。

「海人……ごめんね」

撃鉄を起こし、指を引き金にかける。
あとはもう海人に照準を合わせるだけで、事は終わり。
それなのに。

「あれ……?」

突然、視界がぼやける。水中で目を開けた時のように、目の前がはっきりと見えなくなった。
そこで初めて、自分が涙を流しているということに気が付く。

「ねぇ海人、ホントは殺したくなんかない……!だって私、嬉しかったんだよ……海人と色々なところ行けて……花火も見れて……。私を認めてくれて、ほんとに嬉しかったっ……」

嘘偽りのない私の本心。その言葉、できれば聞かせてあげたかった。
多分届いてないだろうけれど……どうしてもそれだけは海人に伝えておきたかった。
すると、海人は不意にニコリと笑った。

「あれ……なんか、グミちゃんの姿が……見える気がする。はは、夢かな……」
「か、海人……?」
「俺さぁ……やっぱり君と出会えてよかっ……ごほっ」

海人はその言葉を言い終わらないうちに、せき込む。
その途端、海人はまるで発作のように咳が止まらなくなる。
もうだめだ。これ以上海人に苦しい思いをさせては。

意を決してその銃を構える。涙をぬぐって、海人の頭にそれを当てた。

「私も……あなたと出会えてよかった」

カチリと、音を立てて絞られる引き金。
その刹那、火薬のはじける音が部屋に響いた。


……。


それっきり、海人は喋らなくなった。数分たって、海人を殺してしまったという現実をようやく認識する。
彼の命は、もうここにはない。私が、全てを終わらせてしまった。

「ねぇ、もしやり直せるのなら」

涙が止まらない。こんな風に泣いたこと、今まで一度もなかった。

「あの花火、もう一度見に行きたいね」

もう動かない海人に向かって、喋り続ける。海人はがっくりとその頭を下げたまま動かない。

「私、海人と一緒に生きたかったんだ。海人がいなくなっちゃったら、私が生きてる意味ももうないね」

今撃ったばかりの銃の撃鉄を、再度引き起こす。
そしてそれを……自らのこめかみに当てた。
これが、私の撃つ最後の弾丸となるのだろう。
標的は自分自身。

不思議と恐怖なんて感情は浮かんでこない。
……本当に不思議だな。初めて人を殺した時は、殺される側より恐怖を感じていたのに。

「……海人、ありがとう」

その言葉を最後に、引き金を絞る。
もはや、火薬のはじける音は聞こえなかった。

「星って綺麗だよね。私に、いつでも夢を見させてくれるんだ」

ストーリーを考えるのが好きです。いつかその話で、誰かの心を動かせたのなら。俺はもう幸せだ。


とある凡人の独白場(ツイッター) http://twitter.com/votoru

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP