夜風

投稿日:2020/09/16 00:48:28 | 文字数:531文字 | 閲覧数:(計測中) | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

夜風
the Includes

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

真っ暗な空と 輝く街灯が 世界の位置に気づく
ギアの音  後ろから かけられる君の声も 風にかき消されてく

一緒にいれるのは あとどれだけ?
頼れる気持ちなら まだこれだけ思い出せるのに
僕は君を見れなくて 空を見上げたまま

かける言葉がなくて ただ君の後ろに続く
かき消すような風の音だけ
震える喉で 耳を塞いだ


声もかけれないと 霞む僕の目がとらえた 君の涙
愛で汚された心を捨て去って また 戻ること 出来ないのか

時計の針 時間まであとこれだけ
一瞬の長さが増えていくだけ
口は動いても 言葉だけは聞けなくて
耳は塞いだまま

裂けるような想いが 僕の胸の中を抉る
突き刺すような君の笑顔が
暗闇でまた 僕を閉じた


忘れられないのが皮肉なだけ
だけど見つけるのは ただ君だけ
思い出した また僕は
君とのあの日の空を見上げたまま
僕のまんま

君に伝えられたか 出せない声のあとに続く
時にかき消された想いだけを
笑顔と 涙と 明日と未来を

返す言葉もなくて 途方に暮れた僕の目が
泣き出しそうな暗闇の中
掴もうとした永遠の間


真っ暗な空と 輝く街灯が 独りぼっちを浮き彫りにする
ギアの音 後ろから 
君の声は風になって消えていった

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP