投稿日:2010/01/26 02:22:59 | 文字数:415文字 | 閲覧数:104 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

 はやぶさに「おかえり」を、あかつきに「さよなら」を笑顔で言う為に。

 小惑星探査機「はやぶさ」、金星探査機「あかつき」をモチーフに、「チャレンジスピリット」をテーマに書いてみました。

 曲の流れはAA-B-S AA-B-S S を想定しています。

 何というか、青春ワード満載で読んでいると恥ずかしくなってきますが、そういうコンセプトなんでしょうがない。


 音が足りないor余る、表現が気に入らない等ございましたら対応させていただきますので、よろしくお願いします。

 また、作詞中にアドバイスをいただきましたcirciasさんに、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。


 宇宙開発仕分け断固反対風杜鈴音でした。では、また。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

一羽の鳥が 暗い空の果てから
傷だらけになって 帰ってくるらしい

僕はと言えば 昨日できたばかりの
歌とギターを持って 街へと急いだ

昨日ばかり見ている大人が
無駄と捨てたそれらの欠片を
僕らは 夢中で集めて繋いだ

その手に何も掴めず
涙見せても 君がくれたものを
明日も見えず彷徨う
暗闇の先 見えた流れ星を
誰かが夢と名付けたんだ


夜明けを名乗り 遠く夜の国まで
女神の姿を描く旅に出る

自分の街も抜け出せずふさぎ込む
僕の心に手招きをする様だ

悲しいニュースばかりのテレビは
見向きもしない小さな翼に
僕らはいくつも名前を刻んだ

人から無意味 無価値と
笑われたって 君に託すものを
嵐の中に一粒
時をかけても やがて芽吹く種を
誰かは 希望と呼んだんだ


僕ら浜辺の足跡
何も残せず 消えるかもしれない
それでもいつか 誰かが
たどり着けると 信じて見上げた星を
僕らは 未来と叫ぶんだ

未来へ挑むんだ

 風杜鈴音です。かざもり・すずねと読みます。
 歌詞募集の作品のお手伝いをメインにやらせてもらっております。

 歌詞を投稿する時は、もちろんその曲に私が出来うる限りマッチしたものをと頑張っていますが(一部例外有)、それは結局、私一人の頑張りなのです。
 あなたの作品と私の作品が出会い、あなたや多くのみなさんの協力を得て、私達の作品がより素晴らしいものになること。
 それが私の願いであり、喜びなのです。

 では、それぞれの作品で、また。


 にゃっぽんにもいたりします。
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=1406

 ニコニコにアップしていただいた、コラボ作品はこちら。
http://www.nicovideo.jp/mylist/5855797

 アイコンはしゅーじさんに戴きました。ありがとうございます。
 しゅーじさんのページ
http://piapro.jp/syuji

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP