[薄翅の国へと至る道] off vocal

投稿日:2020/04/01 06:05:57 | タイム/サイズ:04:27/(6,251KB) | 閲覧数:186 | カテゴリ:カラオケ/インスト

ライセンス:

カード
イラスト0

+ 追加
PLAY

逆咲く誘いが 小径へ伸びて
ただ遠く眺めてた
宵はいま向こう側

稲穂の海へと身を投げた日差しが
乱反射して目を 眩ませても
心は晴れない

狭い世界と丘までを隔てる
金糸で編まれた 檻のようで
少し 怖くなる

夢の世界へと逃げ出す折を
日毎伺えど その先はただ
夜めくばかりで

ときに閃いた端切れの織を
繋ぎ合わせたり こじつけたり
無為に 夏は行くばかり

この身に潜むのが
何者であるかを
知る術もなく 瓦落多は積み重なり
何が寝床を埋めたかも わからぬまま


輝く旅路を夢見て目が覚める

黄金の夜汽車の汽笛が聞こえる


ふと気がつけば 金木犀の香りが
煤けたシューズが 痩せたリュックが
やけに気にかかり

慣れた家路へ 影が伸びる頃には
端切れの秘密も 夢の先も
すべて 分かった気がした

目を伏せば微吹く
稲波の音が何故だか心地よくて

いつしか軌条には 銀色の車輪があり
薫る煙が木々を隔てる

汽笛が聞こえた


輝く切符を握って駆け出して

十四歩目が届く頃には 星が舞い上がる


もしもこのまま 踵を返して
再放送の 時間に間に合って
なんて どっちつかずの思いで
旅に出る僕は不完全な旅人だ

悲しみは向こう側 なんて割り切れないまま車輪は廻りだす

舞い散る葉吹雪の最中
閉まる扉や 戸惑いとの付き合い方とか
今だけしか思えないかな
流れ去る景色に僕は魅せられてしまうだろう

…唐紅の森を拓いて かの海へと届くシグナル 薄翅の国へと至る道

焦燥 狂騒 飢餓 ノスタルジーを偲ばせる大機構や 蹄の跡

雷鳴 薄明のレイライン どうしてもって譲らない商い人!

もっとみるLyrics by 物煎餅さん

(ものせんべい)です。オフボーカルにつきましては現在上がっているもの以外はデータが消失してしまっております。申し訳ございません……
お問い合わせはhttps://twitter.com/monosenbeiまで

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • [シープシープ] off vocal

    by 物煎餅さん

  • 茜に栞 OffVocal 2mix

    by しゃいとさん

  • 今を生きる私へ(原キー)

    by forute・フヲルテさん

  • [陽炎] off vocal

    by 物煎餅さん

  • [ファクトリー] off vocal

    by 物煎餅さん

  • [森には梟] off vocal

    by 物煎餅さん

  • 【初音ミクDark】空ノ月、海ノ月 Inst ver.

    by ツカダタカシゲさん

  • 【初音ミクオリジナル曲】るーーーぷ【offvocal】

    by ヨガマットさん

  • 友達じゃいられない

    by isichanさん

  • ブライダルベール off vocal

    by ユキノシタさん

もっと見る

▲TOP