disenchant

投稿日:2016/03/26 20:05:48 | 文字数:760文字 | 閲覧数:102 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

書き方は全部忘れました。ひどい。



では、訳:


いつかぼくにあきたら
いつかぼくにあきたら
ぼくのなまえのよびかたを
きれいさっぱりわすれてほしい

いつかここにあきたら
いつかここにあきたら
とおくどこかのちずをかい
ぼくにたよらずいきてほしい


ぼくはありったけの麺麭をやいて
ゆびわをすこしの路銀にかえて
どうしてだろうというだろう
どうしてだろうととうだろう



いつかめがさめたら
どこもおなじときづいたら
たびじでたべたパンのあじさえ
きれいさっぱりわすれてほしい


いつかひとにあいたら
いかなひとにもあいたら
ぼくのなまえのよびかたを
おもいだそうとしてほしい


ぼくはありったけのほねをおって
いふくをそこへのろぎんにかえて
きみをみつけていうだろう
どうしてだろうととうだろう


いつかぼくにあいたら
じんるいぜんぶにあいたら
どこへいくのもあきらめて
ぼくといっしょにいてほしい

いつかそのひが きたらでいいから
ぼくといっしょに いてほしい

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

when you eat all
when you eat all I have
I say you never call me
I say you never call my name

when you burn here off
when you burn here in your head
I give you a last coin for
new map and how to read it


taking fire my house for breads
selling our rings for your coins
I ask myself what is all about
I ask myself why you are gone


when you disenchant
when you disenchant and know
nothing you were looking for
I hope you get another bread


when you see whole world
when you see all you want
I say you ever call me
I say you ever call my name


taking fire my house for breads
selling all clothes for my coins
I'll take you to my home
I'll keep taking your hand



when you eat all
when you eat all of world
when you can't go anywhere
I say you call my name

*この人物の書く詞は重大な間違い英語である危険性があります
*予めご了承下さい
*間違っている箇所の指摘はいつでも大歓迎です



“The razor's a delusion,” he said.
“The razor's no defense. Anybody can cut you with a razor.
 If you're close enough to cut them they're bound to cut you.
 If you could have a pillow in your left hand you'd be all right.
 But where you going to get a pillow when you need a razor?
 Who you going to cut in bed?
 The razor's a delusion, Jimmy.”
===========================

”カミソリってのは、一つの幻想に過ぎない” そう彼は言った。
”カミソリじゃ身を守ることはできない。
誰だってカミソリさえありゃ切りかかることができるからな。
誰かを切ろうとするってことは、切られても仕方ないくらい近づかなきゃならん。
左手に枕でも持ってりゃ安全だが、カミソリで斬り合おうって時に
どこで枕なんか手に入るね? ベッドで切り合うわけじゃなし。
カミソリなんて幻想に過ぎないのさ、ジミー”


(Ernest Hemingway "the porter")

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP