【not 歌詞 but 詩】紫苑 【イメージイラスト・イメージソング募集】

投稿日:2013/03/11 20:35:08 | 文字数:614文字 | 閲覧数:112 | カテゴリ:その他

ライセンス:

曲を(一応)募集します。
作詞をしたいので、応募の方は曲のみをお願いします。
応募状況を見て募集の詳細を決めていきます。
自由に曲を作ってください。
※ボカロ他作曲ソフトを使えないので、非常に申し訳ないですが曲の仕上げもお願いする事になります。
イラストも募集します。
といっても、まだ動画にしたりなんなりする予定はないので、
募集詳細は決めません。


この作品は私が作詞前にテーマとなる詩を勢いで作ってしまうので、その一つ。
モノローグのようなもので、紫苑の花言葉「君を忘れない」「追憶・追想」「遠い人を想う」を表現しています。
幼いときにした初恋の相手が忘れられずにいつまでも結婚が出来ない女性を描きました。


募集とは別に、この詩をテーマにしてどんな作品でもつくっていただいて構いません。
というか、これを原作とした作品(小説・詩・音楽・歌・動画なんでも)見たいので、
是非つくってください!

感想・意見等もメッセージで残していただけると嬉しいです。

つぶやき:個人的には、モノローグをラジオドラマのようにして、それを音楽だ!なんていう作品も面白いと思います。

※ライセンス条件を間違ったので投稿しなおしました

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

貴方のいない季節が もう何度巡ったか忘れてしまった
別れは突然で 気がつけばもう貴方はいなかった
幼い二人が交わした約束
丘の上の葡萄の木の下で まだ短い指を絡めた思い出
たった一度きり 散ってしまう前の輝きに
どうして気付けなかったのだろう

二度と無い永遠は あの一瞬の事だったのだろうか

ちぐはぐでおかしな 大きさのそろわない一足の靴
私たちを履ける者はいないだろう
ずっと一緒にいられるだろうと信じていた あの日
でも 釣り合わない二人は別けられて
貴方はどこかへいってしまった
私に合う片割れはいつまでも現れる事無く
それもそのはず 貴方だけが私の半身

頬をなでる涙も ささやき包み込む小川も
時間とともに 私の悲しみと寂しさとを埋めてくれたけど
花びらが舞い落ちた跡のように かすかな傷がずっと胸に残っている
想いを綴った手紙を ちぎって風にのせた
二度散った花びらは 輝かずに ただやるせなさだけが佇む

空が押し寄せて 静かに雨に囚われる
まとわりつく髪を 払う事もせずに
雲の上の月も泣いている

「散るものすべてが美しいのではなく 忘れられる痛みこそ輝き」と
どこかで誰かがささやいた
私は聞こえない振りをして 丁寧に花を供えた 約束の場所
君を忘れない 忘れてはいけないから

白い息と共に 小さく音が舞う
残ったのは私の心だけ 傷口からこぼれ落ちる雫の
貴方に捧げられる私のすべてを込めた 私の歌だけ

はじめまして!Katsu Shiba(REnetTE)です。 作詞に挑戦してます。
作詞依頼なども受け付けます。

原作となりうる詩もあげてます。

作詞にあたっては
・印象的なフレーズ
・息継ぎ等細部まで自然
・共感できる
・使い古された言葉を捨てた
・歌いたいと思わせる
そんな歌詞を目指して頑張ります。

原作・お題の詩は
主に私が作詞にあたって浮かんだイメージをまとめた詩になります。
作詞作曲やイラストを作成するにあたりテーマに悩んでいたり、お題がほしいと考えている方、
お題は欲しいけど歌詞から音楽をつくるの(文字数などに縛られるの)は苦手…って方など、
自由にお題・テーマとしてお使いください。

作曲・編曲は
ソフトの使い方のお勉強中です。
まだなにもできません。

動画は作れますが、まだボカロ曲に合わせたものは作った事はありません。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP