ガーベラ

投稿日:2014/12/16 19:58:48 | 文字数:414文字 | 閲覧数:23 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

病んでないですよ!:(;゛゜'ω゜'):

お葬式の話。

なんか2ページに及んじゃいました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

一つ歩けること
一つ息を吐けること
二つ歩けること
二つ呼吸ができること


ビー玉の破片が足に刺さる
流れる血が埃と混ざっていく
なんて幸せなこと
なんて幸せなこと


何かしら抱いて抱いて眠るまで
私は星でも数えようか
いつだって泣いて泣いて飽きるまで
泣いてくれたら良かったのに
星を数えなくても良かったのに


一つ歩けること
一つ息を止めること
二つ留まること
二つ息を捨てること


君は花の夢にとり憑かれる
果てしの無い生命の夢を見る
なんて残酷なこと
なんて羨ましいこと


君だって吐いて吐いて線を引き
私を遠ざけようとしたわ
いつだって泣いて泣いて枯れるまで
殴ってきたら良かったのに
羊を殺さなくても良かったのに



ビー玉を割って割ってエグり取って
私は破片を数えようか
そうしたら拾って拾って飽きるまで
君のことを考えたのに
羊を数えるハメになったのよ


さいごに見た君は
ガーベラのような唇でした

生ぬるい歌詞書きです。

絵師様の作品を基にさせてもらっている時もあります。
すいません;;

何故かあるブログhttp://awamo.blog62.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP