僕だけのLine

投稿日:2014/05/09 06:51:27 | 文字数:1,181文字 | 閲覧数:120 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
足もと 見えない線の上
僕らは 知らずに 歩いているんだ

気持ちのひとつで 曲がりやすいけど
誰だって 間違っては 気づき 大人になるんだ

B
悩みの種たち やがて花を咲かせて
明日への果実を いつの日か手にいれるだろう

S
やわらかな風さえも 味方につけて進もう
ふらついても バランスをとりながら 前だけを見て
僕だけのLine 真っ直ぐLine


A
空白空間 何もない
あるのは 虚しさ 閉じ込めた想い

転んで 汚れて 泥だらけだけど
いつだって あきらめず もっと先へと向かおう

B
手を振る 大きく 問題なんてないさ
苦しさ 痛みを 知っているなら 高く 跳べる

S
鮮やかな色世界 きっと待っているはずさ
ポケットには詰め込んだ 無限に広がる可能性 
僕だけのcolor 見つけるから


C
孤独 不安 胸に抱いて
一歩 一歩 どんな時も
振り向かずに 踵あげて
ミスしたなら軌道修正しよう

S
どこまでも 矢印は 見えなくても続いてる
こんなにも 暖かな 光りの粒子 纏っている
やわらかな風たちを 味方につけて進もう
ふらついても バランスをとりながら 前だけを見て
僕だけのLine 真っ直ぐLine

------------------------------------------------------

あしもと みえない せんのうえ
ぼくらは しらずに あるいているんだ

きもちのひとつで まがりやすいけど
だれだって まちがっては きづき おとなになるんだ

なやみの たねたち やがてはなをさかせて
あすへの かじつを いつのひかてにいれるだろう

やわらかな かぜさえも みかたにつけてすすもう
ふらついても ばらんすをとりながら まえだけをみて
ぼくだけのらいん まっすぐらいん


くうはくくうかん なにもない
あるのは むなしさ とじこめたおもい

ころんで よごれて どらだらけだけど
いつだって あきらめず もっと さきへとむかおう 

てをふる おおきく もんだいなんてないさ
くるしさ いたみを しっているなら たかく とべる

あざやかないろせかい きっとまっているはずさ
ぽけっとにはつめこんだ むげんにひろがるかのうせー    
ぼくだけのからー みつけるから


こどく ふあん むねに だいて 
いっぽ いっぽ どんな ときも
ふりむかずに かかとあげて
みすしたならきどうしゅうせいしよう

どこまでも やじるしは みえなくてもつづいてる
こんなにも あたたかな ひかりのりゅうしまとっている
やわらかな かぜたちを みかたにつけてすすもう
ふらついても ばらんすをとりながら まえだけをみて
ぼくだけのらいん まっすぐらいん

ゆうきと申します。
よろしくお願いします。

最近、少しだけ時間が出来そうです。
まったりと活動していきます。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    お久しぶりです!いつもありがとうございます!

    いつもどおり選考した後にメッセージを送らせていただきますのでもう少々お待ちください。

    2014/04/30 10:07:47 From  Na-M

▲TOP