【初音ミク】逆さまのガラクタと水平線【歌詞】

投稿日:2018/03/09 19:07:23 | 文字数:497文字 | 閲覧数:179 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

気付いた時には 君は誰かと手を繋いでいて
今更いいわと 僕の声に蓋をする
幾夜が過ぎても 栓を開けた炭酸みたいに
何もない毎日 薄暗い小部屋の隅

どこに進めば良いとか 悪いとか
神様もそんなこと知ってるはずないのに

逆さまの事象に 僕らは逆らう事もできず
身を焦がす様な情熱は 幼いあの頃に置いてきた
暗がりの向こうに 弱く小さな光を探す日々は
足掻いても 叫んでも ただ ただ 続いてく

「素敵な彼氏と お洒落なランチなう」と呟く
古びた空気と 配置の変わらない靴
正しい事など所詮誰かのエゴでしかない
それなら僕らは何を信じていればいい?

過去も未来も現在(いま)も 変わらない
ひたすらに がむしゃらに 生きてくしかないのに

ガラクタの隙間に 覗くただ一つ大事なもの
掻き分けて手を伸ばしても 何故か埋まるばかりで届かない
暗がりのこちらに 強く白い光をかざしてみても
誰一人 何一つ 応えるものはない

広がる水平線 昇る朝日に心沈めては
身を削る様なしがらみを もう全て昨日に置いてきた
暗がりの向こうを 照らす自分の光を探す旅は
足掻いても 叫んでも まだ まだ 続いてく

ボカロPやってます(о´∀`о)
ご用の方はメッセージかtwiiterのDMまでお願い致します。
ニコニコ動画に楽曲投稿しているので、絵師様・動画師様を募集しています。
◆twitter...https://twitter.com/AN_vocaloP

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】逆さまのガラクタと水平線【オリジナル】

    by ANGLさん

もっと見る

▲TOP