ひとりごと

投稿日:2018/09/28 14:14:39 | 文字数:320文字 | 閲覧数:32 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

メロディー作品に寄せて書きました。

穏やかな曲調から「平凡」をテーマに書いてみたいなと思いました。

ある意味平凡な日々こそ苦しみや切なさがどこかしこに転がっているものだと改めて感じ、どうでも良いような場面まで敢えて文字に起こしてみました。
導入がネガティブなので、そちらに偏りすぎないように気をつけました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ほとんどのことが嫌になった
旅に出れば少しはマシになるかな

ほとんどの人が思うけれど
いつものカバンいつもの場所へ行くの

電車に揺られる寝ぼけ眼
広告眺めて

帰ったら何から始めようか
散らかってる部屋の隅のレター
久々に読み返したら
泣けてしまうだろうか

ほとんどのことが嫌になって
旅に出る計画を練る夢を見た

起きたら何も変わらなくて
現実色に染まる朝を見てた

知り合いの数が増えるたびに
またぼやけてく

いつのまに大人になったのだろう
しょい込んでる悩みは尽きない
帰り道 喉が渇いて
100円玉を探す

帰ったら何から始めようか
散らかってる部屋の隅のギター
久々に曲でも作ろう
宛ての無いひとりごと

あの手紙の返事を

作詞が趣味のOLです。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP