「戦場で、ある詩人が歌った弔いのうた」

投稿日:2010/06/14 02:01:50 | 文字数:864文字 | 閲覧数:153 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

二人目の詩人のうた。自分の創作の物語から作ったものです。

英字の隣の()は意味、下のカタカナは読みです。
英字部分は造語です…(゜д゜;)

ボカロで歌わせてみたいなあ、と思うのであぷしています(´ω`)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『le...』(ハジマリ...)
 リ

Rar na fro (僕は愛す)
ラー  ナ フィロ
Piszo si ura (彼岸へ向かうあなたを)
ピスツォ シ  ウーラ
Til mag ura (世界から解き放たれるあなたを)
ティル マージ ウーラ
Rar na si yulo (僕は唄で送ろう)
ラー  ナ  シ  ユロ

それが積まれていくごとに
消えていく音を惜しんだ
その音が「いのち」なのだと
その女性(ひと)は教えてくれた


『verl...』(オワリ...)
 ビェッロ

Rar na fro (僕は愛す)
ラー  ナ フィロ
Piszo si ura (彼岸へ向かうあなたを)
ピスツォ シ  ウーラ
Til mag ura (世界から解き放たれるあなたを)
ティル マージ ウーラ
Rar na si yulo (僕は唄で送ろう)
ラー  ナ  シ  ユロ

それが燃えていくごとに
体のおくに音が響いた
その音が「こころ」なのだと
その男性(ひと)は教えてくれた


『de...』(エイエン...)
 デ

Ar arca (ながく、ながく)
アル アルカ
Tl tlce (とおく、とおく)
トゥル トゥース
Le welz (いのちははじまり)
リ  ベルツ
Verl ci (しがおとずれてきえる)
ビェッロ シィ


その女性(ひと)の刃が折れて
その男性(ひと)の声が途絶え
僕ののどが音を失っても なお
響いている「こころ」
消えていく「いのち」
そのすべてを惜しんで
僕は音もないまま歌う


Rar na fro vam-uraz (尊いあなたたちを愛す)
ラー  ナ フィロ  ヴァム ウーラツ
Piszo si vam-uraz (彼岸へ向かうあなたたちを)
ピスツォ シ  ヴァム ウーラツ
Til mag vam-uraz (世界から解き放たれるあなたたちを)
ティル マージ ヴァム ウーラツ
Rar na si yulo (僕は唄で送ろう)
ラー  ナ  シ  ユロ

●ナゾトキまんがちょっと遅れ中…ごめんなさいー!(つд`)
ちょっと余裕が…あうあうあう

●たくさんメッセージありがとうございます。
お返し…もう少しお待たせしそうです…っうああんごめんなさいっ

●ナゾトキまんがとは別のことですが、ちょっと落ち込んでいたところにみなさんのメッセージ頂いて、浮上してきました。
まんが…がんばれそうっ がんばりますー!(´∀`)ノシシ



●鏡音のふたりの曲、「ナゾトキ」「ナゾカケ」解釈漫画更新中です(`・ω・´)
ご本家様の関連物語を先日読みまして、かけ離れていることに確信を得ました。すすすみません本当に…orz
この漫画はこれとして、描こうとしたものを変えなくて良いかなーとふっきれた部分もあります♪(´∀`)
投稿当初からネームはできていたので、漫画内容に影響はない…と思いますっ

●「鏡音verのナゾトキ、ナゾカケ」の解釈のひとつというつもりで、描いているつもりです。
曲解の極まりですので、悪寒・寒気がしたら急いで逃げてくださいー!
ご本家様の曲を楽しむひとつとして見ていただければとっても嬉しいですv



ブクマやタグ編集ありがとうございますーv(´∀`人)


こっそりぺたり。更新率は低めです(´・ω・`)
pixv   http://www.pixiv.net/member.php?id=389585

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP