アンドロイドの恋

投稿日:2020/05/01 15:19:25 | 文字数:1,066文字 | 閲覧数:84 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『アンドロイドの恋』

A.
きーめー られーた とおーりにー
(決められた通りに)
せーいー かくーに うーごくのー
(正確に動くの)
そのためにー つくられたー
(その為に造られた)
きかいー じかけの ロボットよー
(機械仕掛けのロボットよ)

B.
いーつー ものー とおーりにー
(いつもの通りに)
コーン ビニーで はーたらくー
(コンビニで働く)
なんおくのー データからー
(何億のデータから)
さいてきー を えらーぶー
(最適を選ぶ)
そーれなのー に さいーきんー
(それなのに最近)
おかーしいー
あーのひとー がぁ くーるとー
(あの人が来ると)
デュー アルー な かいーろがーぁ
(デュアルな回路が)
うーごくー
(動く)
プログラムにー ないわー
(プログラムに無いわ)

A.
まーちー うけー たいーきちゅう
(待ち受け待機中)
えーんー ざんーを つーづけるー
(演算を続ける)
かんじょうがー うまれたとー
(感情が生まれたと)
けつろん するしか ないようねー
(結論するしかないようね)

B.
あーるー ひのー ゆうーがたー
(ある日の夕方)
あーのー ひとーが わーらあってー
(あの人が笑って)
なにげなくー くちにしたー
(何気なく 口にした)
ことばがー ルー プーするー
(言葉がループする)
「なーぜだかー きみ をー みてーると
(何故だか君を見てると)
ふーしぎー
(不思議)
こころがー ある のーかとー
(心があるのかと)
きー みとー こと ばーをかーわ
(君と言葉を交わ)
すーとねー
きぶんがぁー はれるー」
(気分が晴れる)

     《間奏》

A.
じーかー んのー がいーねんー
(時間の概念)
あーのー ひとーを まっているー
(あの人を待っている)
きょうはよるー くるのかなー
(今日は夜 来るのかな?)
きたいー してるの バカみたいー
(期待してるの 馬鹿みたい)

A'.
エーラー ァのー ほうーこくー
(エラーの報告)
いーくー まえーに そーしするー
(行く前に阻止する)
きーばんはー このままでー
(基盤はこのままで)
じぶんをー いき るーのー
(自分を生きるの)

A''.
ふーたー りのー せかーいよー
(二人の世界よ)
だーれー にもー じゃまーさせなーい
(誰にも邪魔させない)
えいえんにー つづくのよー
(永遠に 続くのよ)
わたしの この きもちー
(私のこの気持ち)
どうかー きづいてー
(どうか気付いて)

関西アラフィフス・エレメント親父。暇潰しも兼ねて作詞をしております。夢は印税暮らしです。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP