速攻水性ジェット噴射

投稿日:2008/08/03 22:44:40 | 文字数:348文字 | 閲覧数:35 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

改変はご自由にどうぞ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


昨日、この夏はじめて殺虫剤を使いました
と、突然彼が言い出した
それはまるで世界を丸め込むような笑顔で
わたしは、そんなに虫がたくさんいたの、と返して
あまり興味もなかったので窓の外を見る
すると 彼は
窓も閉めて、換気扇も止めて、一本分
なんて笑って、あいだに泳ぐ魚に餌をやるように息を吐く
そりゃわたしだって虫を殺すこともあるけれど
一本分はきっとエコじゃない と思うんだけど
僕の命が
と、彼は続けて
虫と同等であったなら生存率は
わたしの視線が窓から外れたのを見てそれ以上は止めた
らしくない、と 笑ってみた
じゃあもし次にあなたが
と、わたしは続けて
同じようなことを言うなら殺虫剤を
すべてのいのちがどうとうであるとは
言えずに 言わずにおいた
あいだに泳ぐ魚を食べた彼はただ、笑う

へんてこな絵と、歌詞を書いています

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP