ジャケット

もうどうしようもないほど擦り切れた
心に毒を盛って繰り返す
あてのない旅人もいつかまた
輪廻転生するように

私にだけ見せた寝巻姿
私にだけ教えてくれた嘘
いずれも見ず知らずの誰かへと
輪廻転生してしまった

行かないで 消えないで
見張り塔からずっと
堕落した灰皿に
涙を溜めてる
私が死んだらきっと
思い出に生き続ける

恋焦がれて 愛していると
呟いてはまた繰り返す
ベランダから身を乗り出して
一歩踏み出せば忘れられる
輪廻がほら 車輪のように
あるいはこの地球のように
周り続け 歩き続けていると
ほらまた君の背中へ

割り切れずに 繰り越せずに
抱きしめた時の感触を
思い出して 手繰り寄せる
ように毛布を抱きしめてしまう
そんな午後の昼下がりを
ローレン・メイベリーのように
紡げたらば素敵だろうな
余すことなく封じ込めたくて 

行かないで 消えないで
見張り塔からずっと
変わりゆく街並みと
変わらない夕焼けを
眺め続けているよ
思い出に生き続ける

行かないで 消えないで
見張り塔からずっと
振り返ると今もまだ
君と過ごした部屋が
生活をしてるよ
思い出が息をしてる

やがて若葉は枯葉に変わって
比例してすさみゆく血液が
巡る音だけを聴きながらまだ
現実に身を委ねる

00:00 / 03:52

この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

見張り塔からずっと【初音ミクオリジナル】

マジカルミライ2024応募作品

閲覧数:333

投稿日:2023/12/04 01:45:14

長さ:03:52

ファイルサイズ:8.9MB

カテゴリ:ボカロ楽曲

クリップボードにコピーしました