ジャケット

止まった春の気配感じた どこか
夕暮れ 開かずの踏切 影 立ってた

君をずいぶん待たせてしまった
雨はすでに上がっていた

さよなら 小さく手を振るその間に
崩れた嘘のミルフィーユをかじった

いつも通りの声が聞こえて
薄汚れた汽車に乗った

流星の軌道 辿ってここに着いた
夜の向こうから君も見てたんだろう?

君をずいぶん待たせてしまった
雨はすでに上がっていた

流星の軌道 辿ってここに着いた
夜の向こうから君も見てたんだろう?

眠りから覚めたなら黒服のパレードは始まっていた
エンドレスリピートの歌は全ての事象をかき混ぜ滲ませていったのだ

00:00 / 04:56

この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

【小春六花】黒服のパレード

高校3年間,クラスも部活も同じだった友人に向けた歌です.

閲覧数:131

投稿日:2023/06/18 22:51:48

長さ:04:56

ファイルサイズ:11.3MB

カテゴリ:ボカロ楽曲

クリップボードにコピーしました