故障部分有り1

投稿日:2009/04/01 19:57:41 | 文字数:466文字 | 閲覧数:63 | カテゴリ:小説

ライセンス:

夢遊様宅黄音ライスちゃんをお借りして書かせてもらいました~!
良い出来じゃなくて申し訳ありません!
2に進みます…。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「…これ以上高い声は出ないです~」
白衣の人が口に手を当てて少しばかし驚いていた。あら、大変。その人はそう言って何処かへ走って行ってしまった。
特に困りはしない。女性ボーカロイドといえど高くなくてはならない訳でもないし。
ただちょっと。少しだけ違いがあるだけ。ただ高さがない。それだけなんだ。不思議と何も思わなかった。

ぴょこん、とアンテナが立つ。それが何かを察知したかの様にして辺りを見回すようにする。何だろうとそれを見上げると先が指していたのは故障ボーカロイドの破棄場。
びくり、大きく肩が揺れた。恐怖を抱いているのだろうか。故障部分がある故に此方に棄てられたらと。
でも、少しは興味があった。これまでにどんなボーカロイド達が創られたのかと。
白衣の人はまだ来ないしまだ試作だがボーカロイド達も好きにしている。それに紛れて私は破棄場へと向かった。

そこは酷い部屋だった。昔のボーカロイドがいるかと思えば全て綺麗なもの達ばかり。
沢山のコードに繋がれカプセルの中に入っている。
ぞくり、鳥肌がたつ。あまりにもそれが綺麗過ぎて。

初めまして。フリーダムな発想を持ってたらいいのになぁと思う、もうマッサージ機が恋人の10代です。
好きなボカロは鏡音リンですが低音萌えです。
ですが、低音萌えは男性のみなのでokなのです。ついでに機械萌えです。(携帯とかパソコンとかは違いますよ!←)アンドロイドとか大好きです。
取り敢えず可笑しな人間ですが宜しくお願い致します。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP