弔辞、夢追い人の森にて

投稿日:2016/04/28 19:47:58 | 文字数:425文字 | 閲覧数:54 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「ワン☆オポ!vol.09」05曲目に収録。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

霧深い森
縫うような木の根
土を分け入り

もう聞こえない
分かっていますが
あえて言うけど

掴みかけた個性がやはりフェイクと悟るそんなときでも
才能がないよって吐き捨てられたときも
あの子の過去を知ったときだって
望んでた評価じゃないときも
アナタは笑ってた
僕はみてた

笑って、何もなかったように
おはようってただそれだけで
許した
世界の全てを受け入れた
僕はそんなアナタが羨ましかったんだね

脇道に逸れたアナタの夢は境目-ここ-で萎れた
結果論だけどさ、心が無垢すぎた
逆らわなかった
社会の冷たい風を浴びて眠れない夜もあったろう
頭痛がするまで働き詰めの夜もあったろう

泣いてもいいよ 泣いてご覧
気の済むまで

その涙で世界を海に変えてしまえ
その悲鳴で世界の鼓膜を突き破れ


もう少しで あと少しで
届きそう 届きそうだった

求めた
求め続けた 最後まで
僕はここでアナタとお別れしなくちゃね

火をつけて

火をつけて

ワンダフル☆オポチュニティ!です。


お手柔らかにお願いします。

歌ってみた報告、DL報告ありがとうございます。

●二次創作に関して
有償で頒布する場合は連絡ください。その他は事後報告でも連絡くれれば嬉しいです。

WEB→http://www.wan-opo.com/
ついったー→http://twitter.com/WAN_OPO
※連絡先はWEBの「MAIL」項からお問い合わせください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP