∴flower×初音ミク『イヱスマン』

投稿日:2020/06/24 20:26:35 | 文字数:838文字 | 閲覧数:382 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

イヱスマンという曲の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

何もかもを忘れたい もう何もかもを疑いたい?
全て貴方の身から出た錆が招いた事でしょう
骨の骨の髄迄 一寸先の闇までさ
やっぱりどっぷり不幸自慢沼浸かってんだ
(clap! clap! clap! clap!)

勝気な怒冷笑 隠して
売り捌く 苦言のピーテッドモルト
何気ない不干渉 隠して
ずっと舞ってりゃ良いでしょう

『大概大半 鬼畜な世の中
戦々恐々 夜を越えるだけ
平々凡々と暮らしてたいのさ
素敵だろう?』
「馬鹿な!」

屍人、屍人!
君の隣で
悪魔と踊る
白けたfunny day
舞ってるだけの朴念仁さ

屍人、屍人!
君の隣で
飽くまで踊る
機微丸めたブツ
待ってるだけの朴念仁さ

家畜な怒冷笑 斯くして
売れ残る 苦言のピーテッドモルト
いつまで不満症抱えて
立ち止まってりゃ良いんでしょう

そう嫌いなもんに面向かい
婉曲など皆無さ 大嫌いって
言ってしまえる貴方は まだ餓鬼で本当凄いね
まあ元々やる気も無いじゃん
もう戻る意味すらも無いじゃんって
自縄自縛った

『凡人 非凡人 大差は無いだろ
はいはいはいはい、頷きゃ良いのさ
正々堂々と生きていたいのさ
お分かりかい?』

まさに
屍人、屍人!
君の隣で
悪魔と踊る
これ見よがしに
舞ってるだけの朴念仁さ

屍人、屍人!
君の隣で
朝まで踊る
事勿れ主義
演じるだけの朴念仁さ

いつかのあの日に君の顔に貼り付いた
『失望』という題の絵画
頭から離れないんだよ
何故か気付いた頃にゃ
僕は大人というくだらない批評家になっていた
囲まれ看取られ なんて理想じゃなくて
心の中だけでいい 孤独じゃないまま
眠るようにして 幕を下ろしたいんだ

屍人、屍人!
君の隣で
悪魔と踊る
相も変わらず
舞ってるだけの朴念仁さ

呻吟、呻吟 死ぬ迄 乞うよ
呻吟、呻吟 あなたと果てたい
呻吟、呻吟 ここまで堕ちなよ
待ってるだけの朴念仁に
もう最高ですわ この人生は

これで満足ですか 御客様

よろしくお願いします。
Twitter:@vinegar_vinegar

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP