ぼっち。

投稿日:2013/10/29 17:22:00 | 文字数:660文字 | 閲覧数:46 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ぼっちつらたん。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


窓際 当たる日光に 心が溶けそうだ
鉛筆 回す左手に 心が折れそうだ
友達 消える思い出に 心が死にそうだ
選択 消える選択肢 心が荒れそうだ


なんていったって 僕は孤高 孤高の名を 孤独が語る
なんていってても 僕は孤独 孤独の名を 一人で思う
いつまでたっても 大きな社会に
僕は独りでいるんだろう


いくら ぼっちだって そんなだって せめてもって 願ったって
そんな さびしくって 少しだって 希望持って いいよねって
いくら ひとりだって さびしくって ないてたって ゆめだよって
そんな こじんだって わすれたって いいんだって おもったって
僕はぼっちなんだ


友情 荒れる甲板に 心は死んでった
感情 漏れるため息に 心がなくなって


なんていったって 僕はいつか 孤独の名を 汚名を晴らす
いつまでたっても 僕はきっと 孤独の名を ひとりだけで


いくら ぼっちだって ひとりだって わすれてって きえていって
そんな 存在って いらないって 言われたって 悔しくって
僕はぼっちなんだ


いつも ずっとだって 友達って 誓ったって 忘れてって
僕は 憶えていて 怯えていて 誓ったのは そっちだって


いつか そんな日って くるのかって だいじょぶって いってたって
やっぱ そんなのって 駄目になって 忘れてって 涙出てて
いつか 友達って いいんだって 思えるって そう言ってて
ごめん だけどもって あとちょっと あとちょっと 時間をください
僕はぼっちなんだ

画力をあげるために旅に出ています。
連絡や依頼等あるようでしたらメッセージお願いします。
UTAUしてます。随時中の人募集中です。
配布サイト→ikeiatamautau.jimdo.com

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP