おっさんとギター

投稿日:2013/09/09 20:38:36 | 文字数:441文字 | 閲覧数:98 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

隣のおっさんは 毎日疲れた顔して
夕暮れ16時くらいに バイトに出掛けて行くのさ
帰る頃は真っ暗な 深夜の24時ぐらいで 
遅過ぎる晩御飯は 売れ残りの弁当

隣のおっさんは どうやら水木休みで
大抵は一日中 部屋の中ひとりぼっちさ
趣味なのか知らないけれど アコースティックギター持っていて
夕暮れ17時くらいに かき鳴らしだすんだ

お世辞にも上手いとは言えない
下手くそなギターの音にのせて歌う それは
甘くはなく 苦いだけで切ない
よれよれ かすれた歌声が 近所に響いていた

昔は良かったなんて言葉 口からこぼれたりして
現在の自分が嫌になるけど

錆付いた六弦は 裏切る事はしないよ
涙流して 鼻水垂らして
雨上がり虹を待っている

幸せな人生目指して ひたすら歩んできたのだろうか
上手くいかないね。
良いこと少なく 悪いことはいっぱい
それでも歯車と化して 明日を生き抜こうか

下手くそなギターの歌が 近所に響いていた

夕暮れ18時くらいに 壁叩かれました・・・

細々と曲とか作ったりしてます。

ニコニコにも投稿してたり
http://www.nicovideo.jp/mylist/14390168

(2014/01/05)ユーザーネームをちょっとだけ変えました。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    いい曲ですよ、これ。音楽も好きです。

    ほとんどわかりますが、「歯車と化して」って、「壁叩かれました」って、わかりません。砕けた日本語で説明してもらえませんか。推測すれば、「歯車と化して」は習慣的に生活する、「壁叩かれました」は死んでドスンと落ちたと思いますが…。

    2016/03/07 12:16:12 From  ElectricRaichu

▲TOP