黒鉛

投稿日:2014/10/28 18:26:35 | 文字数:438文字 | 閲覧数:15 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

僕にとっては こんなにこんなに重いのに
君からしては すこしのすこしの軽さなの
思えば僕が はじめて終わらす話なの
それでも君は けらけら喜劇を見ているの

たった一度の 絆創膏が
はがせずいつでも 悶々として

傷を付けないで もう見たくないの
昔のお話 聞きたくないない
もしもコピックで 塗りつぶせたなら
目を傷つけずに すむのになぁ
僕は死なずに いるのになぁ なぁ?

僕が始めた ちょっとのちょっとの問題が
いわゆる病に あるのかないのか分からずに

たった一枚 紙っぺらでも
僕はその紙を 泣いて貰うよ

この先一生 会えないのならば
幾度も幾度も 蘇るのそう
ただの燃やせる ゴミに見えてても
燃やせば僕は ただのヒト
鉛筆落書き ただの屑 なの?

たった一枚 紙っぺらでも
僕はその紙を 泣いて貰うよ

この先永久に 見れないのならば
何度も何度も 泣いてみせるよ
泣き虫だけども 強がりなんだよ
欲しくて欲しくて 生きるんだ
毎回毎回 生きるんだ ほら?

画力をあげるために旅に出ています。
連絡や依頼等あるようでしたらメッセージお願いします。
UTAUしてます。随時中の人募集中です。
配布サイト→ikeiatamautau.jimdo.com

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP