寂れた遊園地 歌詞

投稿日:2021/06/18 19:41:54 | 文字数:406文字 | 閲覧数:570 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

荒れ果てたこの場所で 僕は何かを探した
かつての輝きはどこにもないから
眠っている音だけが 鳴り止まずに今でも
僕らを照らした この世界で

忙しない日常が 僕ら明日へと連れてく
交わした言葉は埃を被っていた
寂れてくこの場所で 全てを知り僕らは
夢を見ていた

今もまだ流れるこの声に乗せ
間抜けなテレビがまだ僕らに笑った
名前も知らない貴方と
まだここで楽しもう

果てしなく続く道が 僕ら遠くへ連れてく
灯らない光を探し彷徨っていた 
まだ先の未来で今 続いていく僕らの
声が聞こえた

いつか来る別れの日がある事も
全てを知ってたから僕らは笑った
色褪せた日々の数ほど
溢れ落ちた涙が

今もまだ流れるこの声に乗せ
間抜けなテレビがまだ僕らに笑った
名前も知らない貴方と
まだここで楽しもう

変わり果てていく日々のその先へ
僕らの世界はまだ終わってなんかない
鳴り止まぬ音を抱えて
また会えるその日まで

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP