デュアコイル

投稿日:2015/03/23 02:46:11 | 文字数:653文字 | 閲覧数:1,241 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

始まりは恋のあれそれ
心臓が空に飲み込まれていく
街の花嫁、林檎が実る

充実な安心感さ、君に出会うまでは
無邪気殺して
笑顔を捨てていったもんさ

空白、半分
いつかそんな気がしたよ
僕の鏡 
欲しい物は全て持ってるんだ

愛と血の結晶 命は繋がれて
「ねぇ、怖い怖い怖い」許すことも
残酷な声は耳を叩き 涙は花を枯らす
「僕はいいんだよ、構わないでよ」
脱落しかけた本能

回れ回れサーチライト 恋は出来心
「あぁ、嫌い嫌い嫌い」を重ねては
血で錆びついたルーレット 哀を回せ
二度と鳴り止むことない症状

だからしょうがないだからしょうがない
二つの駒は溺れていった
もうやめてくれもうやめてくれ
「最低だ」声が聞こえてさ
どうしようならばどうしよう
くたびれたナイフ握ってみれば
最終警告、サイレンは止まらない


ずっとずっと僕を見ていてほしくて
繋ぎ止めたこの鎖は千切ってしまおうか

愛と死の結晶 僕は僕だから
「ねぇ、痛い痛い痛い」泣き叫んで
風景は白黒に染まってく、瞳は酷く乾く
「これでいいんだろう、これでいいんだよ」
脱落しかけた本能

さよなら清き人よ 罪は出来心
「あぁ、つらいつらいつらい」泣いた日々も
赤く染まってく鏡に手を振るんだよ
そして赤林檎をかじるの

そうさしょうがないだからしょうがない
一つの駒は崩れて消えた
もうやめてくれもうやめてくれ
「最低だ」声が聞こえてさ
どうしようならばどうしよう
くたびれたナイフ握ってみれば
最終警告、サイレンは止まらない
いつか

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP