妄想ザッハトルテ

投稿日:2014/09/30 18:05:00 | 文字数:608文字 | 閲覧数:256 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

●出てくる言葉の説明

・シュヴァルツシルト半径
物理学用語。ドイツの天文学者、シュバルツシルトによって発見された時空領域。

・ディング・アン・ジッヒ
哲学用語。物自体のこと。

・ドミナント
音楽用語。属音、属和音のこと。

・ザッハトルテ
オーストリアのお菓子。チョコレートケーキの一種。

・ショコラーテ
チョコレートのフランス語読み。

・涅槃
仏教用語。「さとり」と同じ意味。

・色即是空
仏教用語。この世にあるすべての現象は実態ではなく虚無であるということ。

・ホーキング放射
物理学用語。物理学者ホーキングが指摘した、ブラックホールからの熱的な放射。

・スフォルツァンド
音楽用語。力を込めて強くの意。

・中心軸システム
音楽用語。音楽学者レンドヴァイ・エルネが作曲家バルトークの音楽に見られると主張する音組織原理、音楽理論。

・スケール
音楽用語。音階のこと。

・レーゾンデートル
フランス語。存在理由の意。

・ピッチクラスセット理論
音楽理論。12音音列の組み合わせの理論。アメリカ現代音楽などで使われていたらしい。

・コロンビア楽派
音楽用語。ピッチクラスセット理論を用いて作曲する、アメリカ東海岸を拠点とする作曲家たちのこと。

・クネーデル
ドイツ料理。ドイツ語で団子を意味する。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

シュヴァルツシルト半径内
誰かの声がこだましてた
舞い降りた天使のように涙を流した

漸近するディング・アン・ジッヒ
孤独色が咲き乱れてた
悠久の向こう側をそっと見てた

生きること 苦しいこと 誰かを愛すること
ドミナント無視したまま振り返れば

ザッハトルテ この世界には
不確かなものばかり
揺れ動く僕の心に
静かに陰を落とすんだ

ショコラーテ 頬張りながら
涅槃の彼方目指す
妄想が止められなくて
色即是空と呟いた


ホーキング放射みたいな空に
吸い込まれてくスフォルツァンド
手の届く場所にはもう何にもないから

中心軸システムみたい
君の笑顔が眩しすぎて
遠退いた月の海を泳ぎゆくの

飽きること 死にゆくこと 善人だということ
スケールを掴んだまま振り返れば

ザッハトルテ この世界には
価値の無いものばかり
流れ行く君の心が
小さく震え叫ぶんだ

レーゾンデートル 失ってでも
この先へ突き進め
ピッチクラスセット理論を
習ってコロンビア楽派


ザッハトルテ この世界には
不確かなものばかり
揺れ動く僕の心に
静かに陰を落とすんだ

ショコラーテ 頬張りながら
涅槃の彼方目指す
妄想が止められなくて
色即是空

ザッハトルテ 羽を広げて
未来へと飛び立つの
クネーデルみたいな釘が
錆び付いて崩れ落ちてく

ショコラーテ 夢のようだね
黙した僕の鼓動
運命の扉が開く
今こそ一歩を踏み出せ

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP