アリピエ

投稿日:2013/06/26 17:06:25 | 文字数:532文字 | 閲覧数:431 | カテゴリ:小説

ライセンス:



ピエロは
感情を持ってぃけなぃだなんて誰が決めたの?


ピエロとアリスの
不思議な物語。


この後
2人がどぅなったかゎ
誰も知らなぃ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



「こんにちは
ピエロさん」


淡ぃ水色のワンピースに白ぃエプロンを身に纏うのゎ

「やぁ
アリス」


アリスと呼ばれる女の子。

「ピエロさん
今日はどんな魔法を見せてくれるのかしら」


アリスは
ふふっ、と楽しそぅに微笑む。


「魔法ではなぃさ」
そぅピエロゎ苦笑ぃながらも答ぇて、また続ける
「ただ僕は
沢山の人に笑顔を届けるのを心掛けてるだけさ」と。

アリスゎ笑ぅ。
素敵ね、と。
「でも
それはきっと
違ぅんじゃなぃかしら」とピエロの何かを見透かすょぅに言ぅ。
「仮面の下は笑って...........いなぃのでしょう?」と。


「僕には
感情ってものは....なぃ」仮面は笑ってる。
でも
心から笑ってぃるのだろぅか。
アリスゎ
その疑問をぶつけるのだ。

「あら?」
不思議に思ぅアリス。
「それじゃぁ」


沈黙が流れる。


「何だぃ?」
ピエロゎ笑ぅ。


「私を
助けてくれたのは
何故かしら」


アリスゎ
顔に不似合ぃな笑みを浮かべ、ピエロに問ぅ。


「それは...」
ピエロゎ
戸惑ぃを隠せなぃ。


暫くして
ピエロは


「君が
僕の大切な人に







そっくりだからだ」



口を開き
仮面の下で
涙した。

おはこんばんは!!!

《あまき。》改め

《Σ!月(みずき)》です(/∀<)♪





ブクマやフォローして下さっている

皆様ほんとに感謝ですm(__)m

フォローの際に

一言もらえると光栄です(*/ω\*)!!!





只今

個人での活動は休止中です(;-;)

申し訳ありません(;-;)

何かありましたら、

“あまいろ”の方へお願いします♪

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP