降りしきる雪の中で 【歌詞】

投稿日:2013/01/20 17:50:13 | 文字数:525文字 | 閲覧数:178 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

公開中の音源 『降りしきる雪の中で』の歌詞です。

雪の降る寒空の下
最愛の人を失くしてしまった主人公を綴った歌です。
今は遠く離れてしまった最愛の人。
だけど、きみが好きだった同じ空の下
あの時 二人で見た 大好きだった星空を見てる。
今は 同じ時間を生きれないけれでど
星空の下 主人公の気持ちは変わらずあの時のまま。
残された主人公の気持ちを書いた歌です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『降りしきる雪の中で』

初めて買った指輪 二人の写真
冬のあの日 君は旅立った
何故こんな胸が苦しい
君が僕にくれたものなのに

いま此処で歌に乗せれば
今は二人あの日 戻れるのかな?
消えない消えない この感情が
雪になって溶ければよかったと

かじかむ声がまだ叫んでいるよ
教えて聞こえているの神様
どうか ねぇ 
僕だけをおいてかないで

降りしきる雪の中で
今 愛が粉々のガラスのように消えゆく
また もう一度出会えたのなら
いま すぐにそっと伝えたい
君を愛してると

繋いだ手のひら 温もり
今もまだ覚えているよ
叶えて聞こえているの神様
どうか もう 
あの人を連れてかないで

降りしきる雪の中で
今 愛が粉々のガラスのように消えゆく
また もう一度出会えたのなら
今 強くぎゅっと抱きしめる
きみを離さないよと

きみがいない夜
きみがいない 朝の日も
またきみの好きな空見てる

冬の三角形

降りしきる雪の中で
今 愛が粉々のガラスのように消えゆく
また もう一度出会えたなら
いま すぐにそっと伝えたい
きみを愛してると

いつまでもさ 一人
まだ長い道を歩いてく
もう 戻れないよ二人
思い出噛み締める
ここで叫んでいる

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

▲TOP