幻想夏影(げんそうかえい)

投稿日:2014/08/10 23:14:46 | 文字数:460文字 | 閲覧数:1,522 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

TaKuC様の楽曲に添える詞を考えてみました!
http://piapro.jp/t/37AV

イメージは「片思い」です。とくに、時代背景としては一昔前を想像して書きました。(飴玉の「小梅」のようなイメージです)
片思い特有のなんだか意味もなく切なくなる感じで、聴いていてキュンとくるような詞に出来ていたらいいなと思います。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

〈サビ〉
君の 背中溶かす夕凪蝉しぐれ
まるで 二度と会えないかのようで
独り 広い世界、私一人
淡い思いが募る



〈A〉
まだ見える人影
ただ遠ざかり縮んでく
意地悪な陽炎 影を掻き消した

〈B〉
ひぐらしの喧騒
風鈴の音も響かない
なのに君の声だけが 頭の中巡る

〈サビ〉
君の 背中溶かす夕凪蝉しぐれ
まるで 二度と会えないかのようで
独り 広い世界、私一人
淡い思いが募る




〈A〉
夜に閉じ込められ
孤独の部屋に飲まれてく
わがままな私は まぶた曇らせた

〈B〉
蝉も眠りに付き
風鈴の音だけが響く
だけどこの火照りだけは 止むことを知らずに

〈サビ〉
君の 背中映す夕闇伽藍堂
まるで 隣に君がいるようで
二人 幻想の中、君と二人
ぬくもりだけが残る



〈サビ〉
君の 背中溶かす夕凪蝉しぐれ
まるで 二度と会えないかのようで
一人 陽炎に消える君一人
冷えた手で目を覚ます

君の 背中溶かす夕凪蝉しぐれ
未来 二度と会えないかのようで
独り 広い世界、私一人
夏が終わりを告げる

双葉 鱈(フタバ タラ)です。
Twitter:TaraFtaba

歌ってみたしてくれる人、歓迎します。(生声が恋しい)

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    はじめましてTaKuCと申します。この度は歌詞募集の方に投稿していただきありがとうございます!
    双葉さんの歌詞が僕のイメージしていた世界観にドンピシャでしたので是非こちらの歌詞を使わせていただきたいです!!よろしくお願いします!

    2013/05/27 19:12:31 From  TaKuC

  • userIcon

    メッセージのお返し

    私の詞を気に入って使っていただけるだなんて、すごくうれしいです!
    ありがとうございます!
    良い作品に仕上がるように、私が出来ることであればお手伝いいたしますので、こちらこそよろしくお願いいたします。
    少しプライベートメッセージでお伝えしたいことがあるので一時的でもよいのでフォローしていただいてもよろしいですか?

    2013/05/27 19:27:42 双葉 鱈

▲TOP