【ミク・GUMI・IA】bailarin【オリジナル】

投稿日:2013/06/22 23:57:53 | 文字数:329文字 | 閲覧数:15 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

bailarinの歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

■bailar?n


照らされ光り舞うからだ
言葉で隠す恥じらいを
体を覆うこの衣
   (可憐輝き)
見透かされたら捧げよう
      (心捧ぐ)

木の葉が揺れる音は風に乗って
      (聞こえる鼓動)
それはここから見えぬ
世界のMelody

紡ぎゆく一面
(別世界を)形どってゆく
包み込む風扇
(昇る螺旋)クルクルと舞い踊れ



そばから離れ見る君を
心で感じ取りながら
血に刻み込む理を
    (世界の理)
零れた涙潤す
   (大地濡らし)

流れる水は世界の糧になり
     (注がれ混ざり)
器の中を満たし
生み出すOne another

渇いた愛情を
(潤すため)君の元へ走り
掟など知らない
(純潔さを)心のままに叫べ

■twitter
https://twitter.com/telviel

ストリングスなどのオーケストラ楽器や、エスニックな楽器の音が好みです。
VOCALOID・サウンドトラック・歌物のオリジナル楽曲などを、気が向いた時に制作しています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP